20代前半から婚活を始めるメリット・デメリット。選択肢が多い20代の婚活事情とは

20代前半で婚活を考える人ももちろんいると思います。
女性ならば早く子供を産んで幸せなママになりたい、将来性のない仕事を続けるくらいなら専業主婦になりたい、男性なら、きつい仕事でも家族のために働くんだというモチベーションが欲しい、仕事から帰って家事をするのがつらい、など、理想を求めるものから打算的なものまで、婚活をする人の数だけ理由があるでしょう。

そして、一刻も早く婚活を始めようと思う人もいるでしょう。

ここでは20代前半から婚活をはじめることのメリット・デメリットを紹介します。


20代前半の婚活のメリットはずばり、多くの人間の中から相手を選ぶことができることです。男性ならば確実に子供を産める年齢の女性が欲しいでしょうし、逆に女性は産んだ子供が成人するまで働き続けることのできる男性が欲しいでしょう。

ここでお互いの利害が一致します。つまり、たくさんの候補者の中から一人を選ぶことができるのです。その上、その候補者の中に気に入った人間がいなくても、その時間は無駄にはなりません。

「あいつはこういうところがだめだった」
「こういうことをする人間は恋人にも冷たい」
「あ、きっとこいつは出世しないな」

など、人を見る目が養われていきます。

これは、家と会社の往復を繰り返し、休日は家に閉じこもってばかりで、で人間の本音に接することのなかった人に対しての大きなアドバンテージです。なぜなら、こういった能力はいくらハウツー本を読みふけり、人付き合い講座に通っても、ただの机上の空論でしかないのです。

結局のところ人間は千差万別、この世に同じ人間は二人といないため、様々な人間に対して実地で試さない限りそういった能力は発達しないからです。それにより痛い思いもたくさんするかもしれません。騙されることもあるかもしれません。

ただ、それを乗り越えさえすれば、あなたはもうどんな人間にも対応できるスキルをもった人間になっているのです。

そうなれば、たとえ20代前半のうちに婚活に成功せず、20代中盤、30代前半になって婚活をしたとしても、余裕をもって相手に接することができます。実戦によって鍛え抜かれたあなたの目は、どんな飾りにも騙されたりしないでしょう。
そして必ず、自分だけの大きな幸せをつかむでしょう。

デメリットは、成婚後に、廻りの自由な独身者たちを見て「選択を誤ったかもしれない」と思う率が高まること。

夫さえいなければもっと遊びに行けたのに…ファッションも楽しめるのに…。妻さえいなければもっと自由に飲みに行けたのに…あのかわいい子との可能性があったかもしれないのに…。
そんな気持ちが頭をよぎるかもしれません。

ただしそれはあなたがした選択です。

20代前半での婚活をするときは、男性ならば、若い妻と子供のいる生活が待っている、女性ならば、まだまだ頼もしい夫が守ってくれる生活が待っている。そう思って取り組めばいいのではないでしょうか。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする