婚活におけるバツイチ女性の価値とは?子供ありのシングルマザーの場合は子供の幸せを考えて判断しよう

婚活市場にはもちろんバツイチ女性も存在します。お子さんがいる女性もいるでしょう。

バツイチというステータスは婚活では一長一短です。男性は初婚を望む人が多いですし、子供がいる場合は扱いが難しくなります。
しかし、バツイチならではのメリット、経験もありますから、一概に婚活で可能性がないというわけではありません。

今回はバツイチ女性のメリット・デメリットを見ていきましょう。


まずはメリットからご紹介しましょう。
とにかく一度は結婚できたということで、まったく結婚に適さない女性ではないことをアピールするのです。
その上で、なぜ離婚したか、自分にどのような欠点があるのかを打ち明け、相手の男性の同情心をくすぐります。基本的に男性は自分を頼ってくる女性を好むのです。

その際決して、それが真実でも、自らの浪費癖で離婚されたなどどいうことは言ってはいけません。夫の借金など無難な理由をつけ、成婚後は同じ失敗を繰り返さずいい妻になりましょう。

また、子供好きな男性なら、お子さんの口を通して「○○さんがパパならいいのにな!」などと言わせるのも効果的です。
その際は、お子さんを相手の男性によくなつかせておくように気を配っておいてください。

デメリットとして、中にはバツイチ女性を無条件に避ける男性もいます。
一度ほかの男と結婚した女など嫌だ、という人と成婚できる確率はかなり低いですが、両親が反対しているから…などという理由ならば乗り越えることも可能です。

中には心無い言葉を浴びせる両親もいるかもしれませんが、将を射んとせば先ず馬を射よの精神で男性の両親に尽くしてください。
誕生日の贈り物はもちろん、父の日、母の日…何かと理由をつけての心配り…どれだけ嫌な顔をされても諦めてはいけません。
何故かと言えば、人間の心には返報性の原理という物があり、何かをしてもらったら何かを返さねばならないという感情が無意識のうちに沸くからです。
「ここまで熱心に思ってくれるなら…」そう思わせればあなたの勝ちです。成婚は近いでしょう。

ただ、一番対処が難しいのがお子さんがある程度の年齢になっている場合です。

両親同士、両家同士が納得しあっても、お子さんが反発することで成婚に至らない場合も少なくはありません。
これに関しては、親がお子さんと誠心誠意向き合うしかありません。「私の幸せの邪魔をするの?」などと感情的になるのはもってのほかです。お子さんの心は親からどんどん離れていくでしょう。

なぜ自分は再婚したいのか、なぜお子さんは再婚に反対するのか、真剣に冷静に話し合い、どうしても折り合わない場合や、お子さんの意見にも一理あると思った場合はシングルマザーを選択することも必要かもしれません。

幸い現在はシングルマザーへの行政の手当はかなり篤いものとなっています。
場合によっては仕事を就職のための自立支援計画も作成してくれる母子寮(公的機関です)なども利用し、お子さんと二人で暮らしていく方が互いの心の平穏に繋がるかもしれません。

シングルマザーの婚活は自分だけでなく子供の幸せも考えて、婚活するか否かを判断しましょう。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする