婚活女子必須の美肌お手入れテクニック!婚活で若く見られるコツはお肌の質にあり

f:id:moguhausu2:20150703091753g:plain
色がきれいなら七難隠す、昔からいわれてきたことですよね。
これは真実です。色が白いだけでなく、肌ツヤがよい、内側から発光しているような感じ、これが婚活女子の誰もが憧れる美肌です。

そして婚活男子もそんな婚活女子に不意に顔を近けられたら、どうしていいかドキドキがどまらないでしょう。

しかし、ピチピチとハリががありながらマシュマロのように柔らかい10代の肌には勝てないとはあなたは思っていませんか?
ぶあついメイクでなんとかしなきゃと思っていませんか?

そんなことはありません!

適切なお手入れとサプリメント、それに基礎化粧品さえあれば、驚くほど真っ白なもっちり肌が生まれます。(もちろん紫外線防御は当たり前ですよ!)

ではそれはどんな方法なのか。

以下で詳しく語っていこうと思います。


メイクは必ず落とそう!

まずは適切なお手入れから。

あなたはメイクをと落とさないで寝てしまう日はありませんか?
メイクをしているのクレンジングも使わずに洗顔だけですませていませんか?
泡立ちのよくない石鹸でごしごしと上下に顔を洗っていませんか?

ひとつでも当てはまったあなたは<婚活失敗予備軍>です。

メイクは女性を美しくしてくれますが。肌にとっては異物です。
婚活パーティーが終わり帰宅したらすぐにメイクを落としましょう。

一説によると、メイクを一晩つけっぱなしで寝るのは、汚い雑巾を一晩顔にかけっぱなしにしているようなものなのだそうです。ですからもちろん肌に大ダメージを与えます。いまは平気でも、年代が上がっていくうちに自分の選択に後悔するでししょう。

筆者もそれを聞いて以来、どれだけ薄化粧のときでも必ずメイクを落として就寝しています。

「日焼け止めだけやBBクリームだけだから大丈夫!」という方も、面倒でもメイク落としをきちんとしてください。
薄くても濃くても、メイクは角層にとっては遺物なのです。

「石鹸でよく落とすんだからいいでしょ」

というのはダメです。

最近の化粧品は非常に持ちが良い=落ちにくいです。
そのため、きちんとクレンジングをしないと、長い間のメイク汚れが角質に貯まるため、肌はガサガサに厚くなり、こうなってしまうと皮膚科でのピーリングなどの大工事が必要になってしまいます。
そうなってしまうと、しばらく人前に顔が出せなくなるため、婚活も一時お預けにってしまいます。意気投合したあの人もライバルと親しくなってしまうかもしれません!

その日の汚れはその日のうちに。顔も軽くなる上に、さっぱりした肌で就寝できて一石二鳥です。

泡立ちの良くない石鹸でごしごし洗う。これはもう論外を取り越してNGです。
一見、表面はきれいになったようですが、きちんと固く泡立てた泡でないと毛穴の汚れがかき出せず、どんどん毛穴によこれが蓄積していくからです。もちろんこの毛穴詰まりもニキビの原因の一つになります。

また、そういう方は洗い方にも無頓着な方が多いです。

強くこすらずとも、密度の高い泡で肌をプッシュすれば表皮どころか毛穴の汚れまで落ちます。

ここで例として一つ上げますが、皮膚の角層の枚数は10枚程度。ミルクレープより薄いのです。

想像してみてください、ミルクレープが力いっぱいこすられているところを。そんなことをされたらせっかくの何層もの薄いミルクレープの生地は台無しになりますよね。

それと同じことが肌にも起こるのです。もちろんすぐにひどい肌になるわけではありませんが、繰り返すうちにコラーゲン繊維が切断され、だるだるとたるんだひどい肌になってしまいます。
特に最悪なのは下に向けてごしごし洗顔をし続けることで下向きにコラーゲン繊維が切断され、いわうゆる「ブルドック顔」になってしまううことです。

みなさん、どれも嫌ですよね。

ではどうすればいいのでしょうか。

10歳若く見える肌を作るために

まず、それだけでも保湿効果がある、日本でももう数少ない枠練の「ぼっちゃん石鹸」を使ってみてください。

これは強い界面活性剤も使っておらず、人口の材料も使っていない昔ながらの理想の石鹸です。
こう書くといかにも高価そうですが、ドラッグストアで普通に買えます。
値段は400円程度。少し高いと思われるかもしれませんが、現物の巨大さを見れば納得してもらえると思います。

では、婚活のためのマイナス10歳美肌を保つにはどうしたらいいか、ここでおさらいを兼ねて箇条書きしていきましょう。

①お化粧はその日のうちに必ず落とす。

②日焼け止めやBBクリームのときだけでもメイク落としを使う。

③洗顔はモコモコたっぷりの泡でパックするようにして、ハンドプッシュのみにする。
 鼻回りなどは油分たっぷりなので、そこだけ指先でくるくる円を描くこと。この際、人差し指だと力が強く入りすぎてしまうので、それ以外のお好きな指でどうぞ。基本は優しく、優しく、です
タオルで拭くときも擦らず優しくプッシュして、肌に残った水分をタオルに吸わせるようにする。

ほら、婚活美肌のお手入れってそんなに難しくないですよね。
いつもより10秒、20秒、時間をとればできるものばかりです。

そして、できれば入浴後5分以内のゴールデンタイムにお肌の手入れをはじめてください。

お風呂にゆったりつかってたっぷり水分を蓄えた皮膚も、入浴後15分程度でもとの水分量に戻ってしまうのです。

それを防ぐためには、お風呂から出たらすぐに化粧水でさらなる潤いを与え、美容液で美肌を促進し、そこまでに塗った成分がギュッと閉じ込められるようクリームを塗ることが大事です。

しかも、湿っぽい梅雨でも汗をかく夏でも、お風呂上りのお肌から水分が抜けて行ってしまう時間に変わりはありません。

このゴールデンタイム美容で「きょうは湿気でジメジメしているから大丈夫」なんて婚活ライバルたちに差をつけてしまいましょう!

ちなみに、筆者は化粧水やクリームは、医薬品として処方してされているものを買い求めています。ビーソフテンローションとビーソフテンクリームというもので、肌の血行を良くし、強い保湿効果をもっています。筆者はこれを使いだしてから長年の悩みだった乾燥じわが見事に消えました。
筆者のかかりつけ医院ですと化粧水もクリームも千円程度です。(こちらは自費診療ですので値段のばらつきに注意してください)

そしてさらにそこに高機能の若返り美容液を足しています。(エリクリンク)
血行の促進と保湿だけでは老化にあらがえないからです。
こちらの美容液は、若返りに定評のある成分をミクロのカプセルに包み、肌の上で弾けるよう、たっぷりと配合されています。

この3つのお手入れで、婚活美肌はもう怖いものなし!です。

では、お肌のケアでよく取り上げられるサプリメントはどうでしょうか?

サプリメントでビタミン類を摂取しよう

外してはいけないのがビタミンCです。人体の酸化=老いに対してとても効果があります。

そして、それを補強するのがビタミンEです。
ビタミンEはフリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止します。
しかも、発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生にされるのです。

それでもまだ、婚活資金に余力があれば、脂肪が分解するのに有用なビタミンB群を呑んでみましょう。継続して飲めば、顔だけでなく体全体の脂肪燃焼効果が期待できます(個人差があります)

でもそんなにうまくいくかしら…。

そう思ったあなた。

大丈夫です!
筆者は上記のことをすべて自身の体で人体実験しています。

ですから、ここに書いてある事項を厳守すれば、肌のターンオーバー周期が一周する約40日後には、あなたの肌もぷるんぷるんの美肌へ当生まれ変わっているはずです。

どんな肌でも諦めないでください。
充分なお手入れ、ビタミン、睡眠、月並みなようですが、それがまずはあなたの肌を輝かせ、さらには輝かしい出会いを手に入れる第一歩なのです。

「肌、きれいですね」

狙っていた婚活男性にこれを言われるほど気分のいいことはありませんよ。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする