ハゲている男性が婚活でモテる方法。ハゲを隠す人・コンプレックスな人ほどカップル成約率が低い

f:id:moguhausu2:20150927153212j:plain
婚活を始めるとさまざまな年代の方と出会うことになります。
すると、人間の魅力は性格による部分が大きいので、年の差カップルも多く誕生していきます。

ただし、これだけはどれだけお人柄が良くても、収入が良くても、お若くても、なんとなく敬遠されてしまう方がいます。

それは、頭髪がご不自由な……
ありていに言うとハゲ隠しに必死な人です。

もちろん、それは体質です。頭髪がご不自由な方にはなんの落ち度もありません。
婚活男性として隠したい気持ちもわからなくはありません。

しかし、頭髪がご不自由な方には少しきつい言葉になってしまいますが、ハゲならばハゲらしく堂々としていればいいのです。
ハゲは少しも恥ずかしいことではないのですから。
むしろ、薄毛を気にしておどおどしたり、無理に意地をはっている方が女性にとってかっこ悪く見えるのです。

今回は頭皮の薄い『ハゲ』の男性が婚活で成功するコツを教えます。


ハゲていることを恐れない事が大切

試しに婚活女子に、ハゲを隠していない、もしくは完全にスキンヘッドの男性と、スダレ頭や見るからにヅラの男性ならどちらを選ぶかというアンケートを取りましたが、8:2で隠していない方に軍配が上がりました。

隠している方には、潔くない、不潔っぽい、という意見が多かったです。
逆に堂々としている方ですと

「彼の頭のさわり心地がいいからついさわっちゃうんだ」

などとのろける、ハゲの彼氏とラブラブの婚活成功女子までいました。

ですから、頭髪にご不自由していて婚活に一歩踏み出せない方、無理にごまかさず、自然のままの自分で婚活パーティーなどに参加してみましょう。

多少いじられるかもしれませんが、それが会話の糸口となり、次の出会いのお約束をとりつけるきっかけになる事もあります。
自分のコンプレックスを『笑い』を変えられる人はモテます。自分の弱い部分を見せられる男性は、一見するとプライドの無いへらへらした人に見えるかもしれませんが、心理学的には弱みを見せられる相手とは打ち解けやすいのです。

人と違う目立つ部分があるからアピールしやすい。それくらいの気持ちで婚活に立ち向かいましょう。

ただどうしてもこんな頭では嫌だ、気になって婚活に集中出来ない、という方には、国で認可された育毛剤があります。

国に認可された育毛剤でケアする方法もあります

国に認可された育毛剤はプロペシアという飲み薬です。
主に美容皮膚科などで処方されるお薬で、ドラッグストアなどでは購入できません。

これは国に認可されたものなので、安全な育毛剤です。
ただ難点として保険がきかないため月に1万円程度薬代がかかること、飲むのをやめると元に戻ってしまうこと、というのがあります。
美容整形外科にいけば処方してくれます。

筆者個人の意見としては、婚活が成功するまで飲み続け、成功したら少しずつ飲むのをやめる、というのもありだと思います。

しかし、プロペシアは万人に確実に効果が出るとは言えません。
また数%の確立ですが副作用を起こす可能性もあります。副作用としては身体のだるさや抑うつ(気分の落ち込み)などがあります。

飲み薬なので、どうしても副作用は避けて通る事は出来ません。
国に認定されている育毛剤ではありますが、個々人の状況によってはオススメ出来ないこともあります。

確実な方法は、長期的な育毛を考えてプロに頼むことです。
育毛の専門コーディネーターであるアデランスならば、アデランスのヘアサロンに通うことでプロによる頭皮マッサージと、頭皮ケアのアドバイス。育毛計画を念蜜に立てて半年~1年での育毛を目標にサポートしてくれます。

「どうしても薄毛のコンプレックスを解消出来ない」
「薄毛のせいで婚活をする自信がない」

という人は、アデランスで本格的な育毛をすることをおすすめします。



時間もお金もそれなりにかかりますが、男性にとって自信は大事なモテ要素です。
投資する価値は十分にあると言えるでしょう。

さて、見た目も大事ですが、最終的には男性の魅力は「自信」と「愛情の深さ」だと思います。

筆者の父も昔はフサフサ、今はテカテカですが夫婦仲良く暮らしています。
大切なのは、そこまでに積み重ねた生活と愛情なのです。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする