婚活男子の為の顔のシワやシミ対策。紫外線を防ぐ日焼け止めとは?

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
過去、こんがりと日焼けした肌は健康の象徴でした。
なんと昔は、夏休みの間にどれだけ日焼けしたかを競う「日焼け会」も小中学校であったと聞きます。

そのころならば、黒く日焼けした男性の婚活でのモテ度も「男らしい!」ということで上昇したと思います。
今でも、きれいに日に焼けた婚活男性を「スポーツマンみたい」と慕う婚活女性もいるはずです。

また、日に当たらないととビタミンができないよ!とご両親に言われた方もいるでしょう。

ところが、それは大きな間違いで、紫外線という魔の手によって顔の老化、しみ、しわの元がドンドン増えていることをご存知ですか?

今回は婚活男子のためのスキンケア講座です。


紫外線は殺菌灯にも使われるように、微生物を殺すほどの作用のある強いエネルギーの光です。
当然、日に当たって赤くなった部分の皮膚の細胞を殺すだけでなく、それでも将来的には、シミ、クスミ、タルミ、最悪の場合は皮膚がんを引き起こします。
そして、日に当たるのは、夏冬とも15分程度でいいという研究結果も出たのです。

なぜなら紫外線は、ほかの放射線と同じく細胞の核の遺伝情報をもつDNAに障害を与えるからです。

特に、DNAの鎖の構成成分である4つの構成成分のうち、チミジンどうしが二つ繋がりあった二重体のチミジンダイマーができやすくなります。
これは遺伝子の一種のエラーなので、普通の人間ならば修復酵素の働きで、日に当たっていない時間帯につながりあいが切断され、元通りに治ります。

しかし。

この修復にも限界があります。
修復されきれなかった遺伝子の傷は、それからずっと治ることはないのです。
そして治らなかった遺伝子は花弁状黒子___いわゆる『シミ』___となります。これは、ひと夏紫外線を浴びすぎただけでも簡単に起こるから怖いのです。

また、肉眼ではシミだと認識できなくても「なんとなくトーンが暗い肌」というくすんだ肌もここから生まれます。

たるみも、この遺伝子の切断により、コラーゲンの回復が追いつかなかったせいでできることが多いのです。

夏場にデートをすれば日焼けした素敵な婚活男子。
でも冬場にデートをしたら、くすんだ肌にシミがポツポツ散った婚活男子。

きっと婚活女子はそのギャップにがっかりするでしょう。
しかも、女性は美容に詳しいため、「元の肌の色がこうなのに夏だけあんなに黒かったら、将来顔がだるだるにたるんでしまうかも…」」と不安を抱くはずです。
せっかくきれいに装っても、隣に立つパートナーが何回りも年上に見えたら……などと思うと…婚活女子にとって、婚活でのお付き合いをどうしようか考えてしまう材料になります。

それに、お化粧にこだわる婚活女性なら「親しくなったら私の化粧品代にも口を挟まれるかも…」とそれだけで敬遠されてしまうかもしれません。

自分自身の健康を害するのも、幸せな出会いになったかもしれないチャンスを逃すのも、どちらも婚活男子として本当にもったいないですよね。

「でも顔になんか塗ると重いし、化粧したみたいになってしまうんだろう…?」というあなた!

情報収集能力が婚活男子失格です!

今では無臭でサラサラのジェル状の日焼け止め剤が販売されています。
筆者のおすすめは特にこちらです。

ビオレ さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

こちらの商品は塗るとすーっとジェル状になり、肌はさらさらのまま。
つけている感覚はほとんどありません。

今では婚活男子もピカピカお肌を目指す時代。
意外と、お化粧大好き婚活女子との話題の種にもなって一挙両得かもしれませんよ!

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする