婚活で聞き上手な男になるためにトーク術「YES BUT法」を身につけよう

f:id:moguhausu2:20150922155510j:plain
 婚活において、一人とトーク出来る時間は限られています。
 婚活慣れしていない男性は、短い時間で、とにかく自分をアピールしようとオレオレアピールしがち。しかし、女性というのは「自分の話を聞いてもらえた」と思えた時、気持ちのよいコミュニケーションだったと感じるものです。

「俺の仕事ってさ~」
「そうなんだ。俺は~」

 と、主語をあなたではなく俺にしているようでは、カップル成立は夢のまた夢です。

 しかし、女性の話を聞きつつも、反論したくなってしまうこと、自分は違う意見を持っていることってありますよね。
 そんな時、頭ごなしに「でも~」や「そうかなぁ? 俺は~」と否定から入ってしまうと、女性は「自分とは価値観があわない」と嫌な気持ちになってしまいます。

 これは自分と置き換えても、そう感じるでしょう。
 例えば、仕事でせっかく自分なりに考えたアイデアを提案したのに「でもそれって~」「それは違うと思います」などと、頭ごなしに否定されたら腹が立ちますよね? かといって「うんうん」と頷いているだけでは話が広がないもの。

 そこで、オススメのトーク術が「YES BUT法」です。
 さっそく詳しく見ていきましょう。


コミュニケーションの基礎技術「YES BUT法」

 YES BUT法とは、簡単に言えば「なるほど、それは素晴らしいね。けど~」のように、一度「YES」で受け止めてから、別の意見を言うというトーク術です。
 頭にクッションを入れておくことにより、否定の割合を小さくして、相手を尊重しつつ別の意見を伝えることが出来ます。

 基本的に、女性はコミュニケーションにおいて肯定してほしい、議論はしたくない、という気持ちを持っているので、出来れば否定はしないに越したことはありませんが、どうしても「それは違うなぁ」と思った時は、このYES BUT法を利用して柔らかく意見を言いましょう。

 また、自分の意見を言う前に謙遜を入れることも有効なテクニックです。

「仕事はまだまだ半人前だけど、5年以内に自分の店を持ちたいと思ってるんだ」

 という風に、一歩引いてから話すと、柔らかい雰囲気が出ます。
 もちろん、行き過ぎた謙遜は自信のなさに繋がるので、あくまで謙遜は軽く入れるのがポイントです。

 さて、自分の意見を言った後は、おそらく女性はその3倍近い意見を言うと思うので、そこは割り込まずに、一度、受け止めることが大事です。女性相手のトークでは、議論を展開するのではなく、あくまで女性の喋りたいことを引き出す事に重点を置いて下さい。

 意外と「相手に喋らせる」ことが出来ない男性が多い中、上手にYES BUT法を使えば、相手のさらに深い興味、価値観などを掘り下げて聞くことが出来ます。

乱用はしない方が無難です

 とはいえ、やはり女性のトークに対して否定を交えるのは、リスクが大きいので、あくまで会話のスパイス、もしくは「自分の価値観を伝えたい」という時だけ使用してください。
 婚活の場合、初対面からスタートしますから、女性に7割合わせて3割自分を出す…くらいが丁度良いでしょう。カップル成立後や連絡先の交換後に、少しずつ「自分はこういう男ですよ」という事を伝えていきましょう。

 コミュニケーション論では、とにかく女性の話にはうなずけ、という意見がありますが「うんうん」と頷くだけの男はモテません。ここぞ、という時に自分の揺るぎない価値観を出してこそ、独自の魅力が出るのです。

 頭ごなしに否定をすると「この人、結婚後はモラハラするタイプなんじゃ…」と疑われてしまいますから、ぜひYES BUT法を使ってクッションを挟むトーク術を身につけてくださいね。
 簡単なテクニックですが、これを身につけるだけでも、カップル成立の確率もグンと上がりますよ。

頭ごなしに否定してくる女性には要注意

 逆に、YES BUT法を使わない、頭ごなしに意見を否定してくる女性には要注意です。
 自意識が高いか、プライドが高い、あるいは要求が高い女性であることが多く、いわゆる「キツイ」性格であることがほとんどです。

 気の利く女性、優しい女性は否定を好みません。ですから、自然とYES BUT法を使って柔らかいトークをしていることが多いです。
 もし「ちゃんと自分の意見を持っている子だけど、話してて気持ちいいな」と思ったら、よくトークを聞いてみてください。自分の意見を言う時に、謙遜やクッションを置いていることが多いですよ。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする