彼女いない歴=年齢の男性が婚活する時の注意点とコツ

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
 彼女いない歴=年齢の男性が、結婚適齢期の年齢になって婚活を始めてみる…というケースは年々増えています。
 社会人になると、彼女を作る出会いの場が限られてしまいますし、シャイであったり女性が苦手な方の場合、ナンパや合コンといった方法はハードルが高く「このまま孤独死…?」と不安になってしまうのも無理はありません。

 婚活であればフォーマルな場での出会いになりますし、彼女いない歴=年齢でも何とかなるかも! と期待をふくらませて参加する男性が多いようです。

 しかし、注意して欲しいのは、婚活に精を出して出会いを増やしても、基礎の部分になる男女のコミュニケーションのコツや、恋愛における最低限のマナーを理解していなければ彼女は出来ませんし、結婚を前提にしたパートナーを探す婚活ではなおさらです。

 今回は彼女いない歴=年齢の男性向けの、婚活の基礎的な注意点、マナーとコツを紹介します。

婚活の前に、まず自己分析から始めよう

 婚活は就職活動と同じです。
 まず自分を知ってから、相手を探すことが大切です。例えば、希望する女性の年齢や性格、求めるものを考えてみましょう。年上なら何歳までOKなのか、共働き希望なのか専業主婦希望なのか等々、自分の譲れる点、譲れない点をしっかり決めておかないと、婚活の場で優柔不断になってしまいます。

 次に、自分自身の価値や強みを書き出しておきましょう。
 例えば安定した収入、優しい、仕事が忙しくないのでデートの時間をたくさん作れる、オタクな趣味に理解がある…など、何でも良いので長所を見つけておきましょう。長所はファーストトークをする時のアピールポイントとなります。

「友人からは、よくお人好しすぎると言われてます」
「大学時代から一人暮らしをしていたので、料理や掃除はそこそこ出来ます」
「今の会社にもう5年勤めているので、最近は部下の教育も任されてます」

 もちろん、こんな風に自慢するような言い方はしてはいけません。
 しかし、心の中にしっかり自分なりの強みを持っておくことで、堂々と女性と対峙することが出来ますし、いざという時にアピール出来る切り札になります。自分では当たり前だと思っている特徴も、意外と女性の心を掴むものです。

 そして、婚活において相手を見つける期間目標や予算など、計画をしっかり立てておきましょう。
 ダラダラ1年も2年も探すようでは、埒が明きません。1年で見つからなかったら、スパッと別の出会いを探す、別のサービスを探してみる、しばらくキャリアを磨いてみる…など、メリハリをつけることが大切です。

 また婚活はお金がかかります。ファッションの準備やデート代、そして婚活サービス代、婚活パーティー参加費など、予想以上に出費がかさむものです。
 自分の収入から月々の予算を割り出して、上手にやりくりしましょう。

まず緊張することをやめてみよう

 彼女いない歴=男性の婚活で多い失敗が、緊張しすぎて何も喋れない、というものです。
 女性とのトークが苦手な人にとって、一対一のトークは何を喋ったらいいか分からないものですよね。嫌われたくない、失敗したくない…という気持ちは、誰しも持っているものです。

 しかし、これは裏返してみれば、仕事と同じではないでしょうか?
 新入社員の時、電話に出るのが嫌だなぁと思ったことはありませんか? 電話の取次に失敗して恥をかいたり、上司に怒られたことは誰しも一度はありますよね。しかし、失敗を繰り返して、とにかくやってみることで人は上達するものです。

 最初は場慣れが大切ですから、失敗を恐れず、頭を空っぽにしてトークをしてみましょう。

 出川哲朗を思い出して下さい。
 彼は何も考えずにノリでトークを進めますが、あれでいいのです。男女のトークは、かしこまる必要もありませんし、カッコつける必要もありません。ざっくばらんに会話をして、とりあえず質問をぶつけてみたり「たくさん人いますね」「こういった場に参加するのは初めてですか?」といった無難な質問を投げてトークをリードしましょう。

 どうしても緊張する場合は「はじめてなので緊張してます」と伝えるのも手です。相手も緊張していれば、共通点が生まれて場が和むので有効です。

 とにかく、考えるよりもまず動く、思いついたことをポンポン喋ってみることが大事です。そのうち場慣れしてきて、自分なりの導入トークが完成します。
 あとは相手との相性ですから、もし気が合わずに気まずくなってしまっても「今のはハズレだった」と割り切ってしまいましょう。「自分のミスだ」と落ち込んでいても始まりませんから、前向きに突っ走りましょう。

一人に拘るのをやめよう

 一目惚れや、いいなぁ、と思った女性とカップルになれなかった…これはショックなことですよね。しかし、一人の女性に焦点を絞ってアプローチをするのは得策ではありません。女性は他にもたくさんいますし「運命の人だ」と思った女性がいても、意外と仲良くなったら欠点が見えてくるものです。

 ですから、酸っぱいブドウの逸話のように「俺を選ばないなんてダメな女だ!」とすっぱり諦めましょう。
 あまりだらだら追いかけると、ストーカーと間違えられてしまいますから「こんないい男を振るとは見る目がないな」と一蹴しましょう。

 就職活動で、第一志望の会社に不採用にされた時と同じです。第一志望の会社に落ちたからといって、そこで就活をやめて無職になっても落ちぶれるだけですよね。失敗を乗り越えて、次に次にと先に進める人が婚活で幸せになれるのです。

 純愛を夢見ている男性にとっては辛い事実ですが、婚活は甘い思いが出来るとは限りません。恋愛は苦味も含めて恋愛たるものですから、全てを受け入れる寛大な心で挑みましょう。

自分を受け入れて自然体で話そう

 彼女いない歴=男性にとって、彼女がいなかったことはコンプレックスになりがちです。

「どうせ俺はブサイクだから」
「根暗だからどうしようもない」
「どうせ女性に好かれっこない」

 などと、自己否定をしてはいけません。

 まず、自分で自分自身を受け入れましょう。その上で、自分の魅力に気付いてくれる女性は必ずいる、ということを心に刻みましょう。

 彼女いない歴=年齢だということを隠して変にカッコつけたり、自分を守ろうと強がってみるのは小学生レベルです。大人なのですから、自然体で、自分だけでなく相手も、一人の人間として受け入れる心を持って婚活をしましょう。

 変な人に当たって傷ついても「そういう人もいるのだ」と割り切って下さい。
 理解出来ない他人の行動、言論について考えるのは辞めましょう。人は人、自分は自分…この精神を忘れないで下さい。

 妥協も必要ありません。
 恋愛は真剣勝負です。真剣に相手と一生を共にしたい、と思えないなら、断る勇気も必要です。

 最初は難しいかもしれませんが、大人として自分に正直に婚活をしましょう。

婚活コンシェルジュ付きの婚活サービスを活用してアドバイスをもらおう!

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain

 いざ婚活をしよう! と思っても、上手くいくか不安な人も多いですよね。

 そこで、デートのマナーや女性との接し方、口説き方を向上させる手段として、婚活コンシェルジュのアドバイスを受ける方法がオススメです。

 最近は、婚活の総合アドバイスをしてくれる婚活コンシェルジュ付きの婚活サービスが増えました。

「でも、婚活コンシェルジュ付きは高いんでしょ?」

 と思う人が多いかもしれません。
 確かに個別相談にのってもらえる婚活コンシェルジュサービスは高く、月額3万円かかることもザラです。

 そこでオススメなのが、婚活コンシェルジュ付きでなおかつ安価であるネット婚活サービスです。

 私が押しているネット婚活サービスは、婚活コンシェルジュのサポート付きなのに月3000円とお手頃な値段のブライダルネットです。

ネット婚活の最大手!ブライダルネット



 これまでの結婚相談所といえば、担当のカウンセラーがついてしっかりサポートしてくれる分、入会費3万円前後、月会費5万~と高額で、ハードルが高いのが難点でした。

 しかし、婚活大手のブライダルネットの結婚相談所プラチナメンバーは、なんと入会費0円、月会費3000円で利用出来る結婚相談所で最もリーズナブルなサービスです。

 ブライダルネットはこれまで高額ながら手厚いサポートをする婚活サービスを展開してきましたが、近年になって婚活のハードルを下げようと、月3000円の費用で利用出来るプラチナメンバーのサービスを開始しました。

「月3000円だと安すぎて不安」
「サービスがイマイチなのでは?」

 と不安に思う人も多いでしょうが、ブライダルネットのサービスは月3000円とは思えないほどしっかりしています。

 15年間にわたって婚活サービスを展開してきた婚活大手のブライダルネットは、会員数も多く毎月14,000人以上のカップルが成立しています。カウンセリングやお相手紹介、初デートの日程調整、交際サポートなど婚活のプロによるアドバイスも豊富で、オススメの婚活サービスです。

 コンシェルジュのアドバイスで、自分では気付けなかった女性に嫌われる仕草や性格、トークなど改善点が見つかることも多いです。

 申し込みも、わざわざ結婚相談所のカウンターなどに来店する必要はありません。すべてWEBで手続きが行えるので、非常に手軽に始めることが出来ます。
 また、登録している会員はしっかり身分証明をして登録しているので、好みでない女性や質の悪い女性に引っかかる心配もありません。

 さらに、6ヶ月以内にカップル成立しなければ全額返金保証があります。

 多くの方が6ヶ月以内にお付き合いを開始しているからこそ出来る保証で、月会費の安さとあわせて「婚活のハードルを下げよう!」という意気込みが感じられます。

 ブライダルネットは今流行のソーシャル型婚活サイトになりますから、ネットを介してのアプローチ、メッセージのやり取りが活動の中心になります。
実際に顔合わせをするのはデートの段階になってからです。

 そのため「婚活は、やっぱり対面形式が安心だな」という方にはオススメ出来ません。逆に人見知りの方や、ネットに抵抗が無い人にはオススメの婚活サービスです。

 もちろん、月3万円や月5万円かかる大手サービスと比べると、徹底的にサポート…という訳にはいきませんが、婚活にいきなりお金をかけるのは不安、という人にはぴったりの婚活サービスです。

 ぜひ、コンシェルジュのアドバイスを利用して弱点を改善し、結婚のチャンスを積極的に掴んでいきましょう!

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする