20代男性が婚活する時に気をつけるべき3つのポイント。若い男性にありがちなミスとは?

f:id:moguhausu2:20150715000336j:plain
 近年は、20代から婚活をはじめる男性も多いですね。
 社会人になって、出会いが少なくなってしまった。早く結婚して両親を安心させたい。結婚を前提にして真面目なお付き合いがしたい…など、さまざまな理由で婚活サービスを利用しよう! と意気込んでいるでしょう

 しかし、初めて婚活をする時に注意すべきことがいくつかあります。

 まず、前提として女性は若ければ若いほどアドバンテージがあるので、20代女性であれば婚活では有利ですが、20代男性の場合は年齢によるアドバンテージが特に無いので、年上男性との競争に勝たなければいけません。

 経済力や社会的地位、包容力、年上ならではの価値観、頼りがいといった強さを持つ年上男性に20代男性が打ち勝つには、しっかり婚活のコツを掴んで行動することが重要です。

 今回は20代男性向けの婚活のコツを紹介します。


人見知りはNG!会話をリード出来る男になろう

 年齢に限らず、人見知りの男性は大きなマイナスポイントを抱えての婚活になります。
 婚活サービスでの一対一の紹介にせよ、婚活パーティーにせよ、初対面である程度、話すことが出来ないとカップル成立は難しいです。特に男性は女性をリードすることを期待されていますから、質問や相づち、喋りやすい雰囲気を作る、といった基本的なコミュニケーション力を持っていないと厳しい戦いになります。

 婚活初心者の場合、緊張するなというのは無理がありますし、女性と話すのが苦手な20代の男性も多いでしょう。

 そこでオススメなのは、事前に質問やトークの準備をしておくことです。

 初対面の人と最初に話す時、相手の興味や関心のあるポイントを見つけるトークを導入トークといい、キャバ嬢やホストなど会話を商売にしている人が使う基本テクニックです。導入トークを即席でいきなりやるには慣れが必要ですから、最初は婚活パーティーやお見合いの前に、事前に準備しておくと良いでしょう。

 とりあえず、下記の準備をしておくと初心者でも場をうまく作ることが出来ますよ。

・緊張をほぐすために、相手とのトーク前に深呼吸をしておく
・序盤の会話の流れ、パターン(例:最初に「婚活を始めたばかり」と初心者であることを伝えて、相手に「婚活パーティーにはよく来るんですか?」と聞く等々)
・質問による情報集め(趣味や興味のあるポイントを突っついて反応を見る)
・映画や芸能ニュース、流行などの話題

 婚活において、最も避けたいのが無言になってしまう状態です。自分も相手も気まずい思いをしてしまいますから、なるべくトークは途切れないように、質問を投げかけたり会話を広げる努力をしましょう。

若さを前面に出し過ぎない

 20代の若い男性が最もやってしまいがちなのが、幼さを前面に出しすぎて敬遠されてしまうパターンです。ただでさえ、男性は女性よりも精神年齢が低い、と言われているのに、幼さが見えるテンション(はしゃぎ過ぎ、大学生ノリ)だったり浅はかな価値観、落ち着きのない素振りを見せてしまうと、女性は引いてしまいます。

 若いのにしっかりしている、落ち着いている…と言われるタイプの男性の方が婚活ではモテますから、気合を入れ過ぎて空回りして「なんか子供みたい」「男として見れない」と思われないよう、一歩引いた、落ち着いた雰囲気でいきましょう。

 幼さは、あくまでギャップとして出すから魅力的なのです。
 初対面の時は、若さよりも「若いのに大人っぽい」という空気を出しましょう。男にとって大事な魅力は頼りがいです。落ち着きが無い、頼りない男性だと思われないよう注意しましょう。

謙遜をすることも大事

 例えば20代で、大企業に勤めている人などは、ついつい自慢気に仕事について語ったりしてしまうものです。しかし、例えば20代前半の、社会人2年目3年目といった新人の場合、仕事について熱く語ったところで「まだ新人なのに、何分かった風に語ってるの?」と女性から冷めた目で見られます。

 自慢や自意識過剰な部分を見せるのは婚活ではNGです。
 20代だからこそ、謙虚さを忘れないようにしましょう。自信が無さすぎるのはNGですが、自意識過剰な男性は婚活で嫌われるタイプです。一歩引いていて、しかしいざというときは頼りになる…婚活サービスに登録している女性は、そんな男性を求めています。

 紳士に振る舞うことを忘れなければ、ライバルの年上男性にも負けることはありませんよ。

年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ

 年上の女性と付き合うと、運気が上昇する、仕事が上手くいく、夫婦の相性がグッと良くなる…というのは昔から言われてきました。
 男性は年下の女性に目がいきがちですが、3つ上、5つ上くらいの年上の女性まで範囲を広げて、自分にあった女性を探しましょう。年齢で区切ってしまうと、いざ相性の良い年上女性が現れた時にアプローチするチャンスを逃してしまいます。

 ぜひ、最初からフィルターをかけるのではなく、年齢問わず自分が「この人と一緒になりたい」と思える相手にアプローチしましょう。

婚活サービスのオススメはこちら

 数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする