年収400万の男性が婚活を始める時に気をつけるべきチェックポイント!婚活成功のカギはライバルとの差別化にあり

f:id:moguhausu2:20151124205031j:plain
 年収400万というと、30代男性の平均年収、中央値と言われています。
 一人で暮らしていくには十分な収入ですが、結婚、子育てとなると少し心もとない年収ですね。しかし、共働きであれば世帯年収を600万~700万に伸ばすことが出来るので、結婚と子育ては十分に可能な年収と言えるでしょう。

 しかし、いざ「婚活をして、結婚相手を探すぞ!」と行動をした時に、年収500万以上との壁に愕然とすると思います。
 年収400万は男性の平均値でありボリュームゾーンですが、婚活においては共働き必須と見なされ、なかなか年収500万以上の男性との競争に勝てないことが多いです。

 今回は、そんな年収400万の男性が婚活で注意すべきポイントと、成功するためのコツを紹介します。


同じ年収400万でも属性で人気度は大きく異なる

f:id:moguhausu2:20150922155510j:plain
 年収400万と一口に言っても、公務員、電力会社などのインフラ会社勤務、中小企業勤務、自営業など様々な属性があります。
 一般的に婚活で人気なのは公務員です。なぜなら、安定度が段違いですし、今後も昇給で年収が上がっていくことが確定しているからです。

 二番目に人気なのが電力会社、ガス会社などのインフラ系の会社員です。
 こちらも安定性から将来の見通しが立てやすく、人気の職業です。

 一方でシフト制の飲食業や、歩合制の営業マン、中小企業の会社員などはあまり人気がありません。自営業やフリーランスに至っては、安定性の少なさから不人気であることが多いようです。

 このように、同じ年収400万でも女性からの人気はバラけるので「年収400万は平均値なんだから、婚活でも普通に戦えるハズ!」と思わないことが大切です。

ライバルと差別化出来るポイントを見つけよう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain
 しかし、だからといって「公務員には絶対に勝てない…」などと自信を失う必要はありません。
 どんなに絶対的な安定性を誇る公務員であっても、性格に難があれば婚活でカップルにはなれません。例えば、女性と話す時に自分のことばかり話す、いきなり子供の話をする、両親との同居希望であることを一方的に押し付ける…といったKYな発言をする男性は一発で女性に引かれます。

 基本的に、婚活では結婚を前提にしていますから、どんなに年収が良くても性格に難があれば女性から選ばれることはありません。
 逆に年収に自信が無くても、性格次第でいくらでもライバルに差をつけることが出来るのです。

 ライバルに勝つためにも、ここだけは絶対に負けないポイントを作っておきましょう。

 例えば「必ず相手の長所を3つ見つけて褒める」といった決まりを自分の中に作ったり「自分と女性の会話比率は必ず3:7にする」といったルールを適用して、戦略的に女性にアピールすることが重要です。

 何の考え、準備もなしに「婚活するぞ―!」と飛び込んでも、あっという間にボコボコにされて敗戦してしまいます。
 就職活動と同じで、事前にしっかりと準備をしてこそ、婚活というフィールドで戦えるのです。年収400万という平均的な年収だからこそ、一歩ライバルよりも踏み込んだ作戦を立てて婚活に挑みましょう。

身だしなみや顔合わせ後のマメなフォローなど基本を大事にしていこう

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
 婚活の基本中の基本といえば

1:身だしなみを綺麗にして清潔感を出す
2:こまめな連絡やフォローで、紳士的な対応を心がける

 この二点ですね。

 1点目は、美容院などに行き髪の毛を整える。ファッションはこだわらなくても良いので、最低限、清潔なファッションを着こなす、といった努力をする必要があります。

 美容院の利用方法や、初心者のための服の選び方については過去の記事で特集しているので、そちらを参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com
www.daiettohazimete.com

 これらは婚活を始める前に最低限やっておくべき基本事項ですが、意外と出来ていない人が多いのです。
 寝癖を立てたまま婚活に挑んだり、いつもの不清潔な服を着て婚活パーティーに参加したり、当たり前が出来ない男性は意外といます。

 女性は目ざとく基本事項をチェックします。第一印象で失格の烙印を押されてしまったら、どんなに紳士的に振る舞っても恋愛対象には入りません。
 年収では女性の目を引くことが出来ないのですから、基本をしっかり押さえておきましょう。

 二番目の「こまめにフォローする」というのも重要です。

 デート後に「今日はありがとう」メールを送ったり、相手をこまめに褒める、フォローを入れる、というのは女性にアプローチする時の基本中の基本です。

 あんまりしつこくメールをするのはNGですが、適度に連絡を入れて、自分の気持ちをアピールしましょう。
 デートしたらしっぱなし、連絡もいつも女性から…というようでは、いつまでたっても関係が進展しません。恋愛は男性がリードするのが基本ですから、なるべく連絡はこちらから積極的にするようにしましょう。

進展を急がず3回はデートをして価値観を確かめよう

f:id:moguhausu2:20150601134250g:plain
 婚活というのは結婚前提のお付き合いが基本です。ついつい「俺、結婚相手としてどうかな?」と結果を急かしてしまいたくなるもの。

 しかし、女性にとって結婚は一生を左右する重要な問題です。だからこそ一回や二回のデート、1年未満のお付き合いでは、なかなか決心がつかないものです。あまりにもしつこく「結果はまだ?」とせかされると、だんだん決められない自分が嫌になってしまう、つまり自己嫌悪に襲われて、女性はつらい思いをしてしまいます。

 婚活におけるお付き合いは「急がばまわれ」です。
 お互いに思いやりを持って、落ち着いて歩み寄って、結婚のタイミングを合わせることが大切です。

 それは男性にも言えることで、例えば一回や二回のデートで「この子は運命の人だ!」と燃え上がって勢いで結婚し、いざ一緒に住んでみたら生活でイライラすることがたくさんあった…なんて話はよく耳にします。

 結婚はお付き合いと違い、一緒に住み、共に泥臭い人生を生きていくのです。恋人同士としての価値観だけでなく、出来れば結婚前に同棲を三ヶ月ほどしてみて、お互いの生活の相性を確かめるのが良いでしょう。

 お付き合いも、最低、3回はデートをして相性を確かめましょう。
 いざデートしてみたら、絶対に合わないところが見えてしまった…ということも多々あります。婚活では妥協は絶対にNG、ちょっと無理だな、と感じたら傷が早いうちにお別れを切り出しましょう。

さあ、婚活を始めましょう。

 年収400万では結婚や子育ては無理! とコラムなどでたまに叩かれていますが、そんなことはありません。
 確かに子育てにはお金がかかりますし、お金が原因で結婚生活にヒビが入ることはたくさんあります。しかし、お嫁さんがいる、子供がいるという生活は日々の生活に充実感を与えてくれますし「一家の主として家族を守らなければいけない」という強い使命感が芽生えます。

 孤独に一人で暮らしていくよりも、家族を持ったほうがずっと人生が充実します。
 ぜひ婚活で生涯を共に出来る最高のパートナーを見つけましょう。

予算別おすすめ婚活サービスはこちら

 これから婚活を始める方のために、数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。

 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする