婚活で30代年収400万の男性と結婚してはいけない理由。結婚後の世帯年収が500万以下だと子育て資金が足りなくなる

f:id:moguhausu2:20151125123241j:plain
婚活において、男性を選ぶ際の基準として年収は重要なチェックポイントですよね。

現在、30代男性の平均年収は10年前より100万円近く下がっており、30代男性で年収400万円も珍しくありません。
独身で暮らすには問題ない年収と言えますが、こと結婚して子育てをして…となると、実家の協力がなければ辛いでしょう。

しかし、地元に暮らしているのならともかく、上京組で核家族必須、実家の助けは当てに出来ないという場合は、決して年収400万の男性を婚活で選んではいけません。

今回は

・上京組などで、お互い実家に頼れない。
・男性の年齢が30代で現在、年収400万
・子供は一人~二人希望

上記のケースにおいて、年収400万の男性との結婚に潜むリスクについて紹介します。


結婚生活にかかるお金を舐めてはいけない

世帯年収500万以下だと辛い! と言われても、独身時代はいまいちイメージが出来ませんよね。
しかし、結婚して子供を産むと、世帯年収の大切さが身にしみて分かるようになります。

子供が小さいうちは、そこまでお金はかかりませんが、何より手間がかかります。
パートなんて行く余裕もないほど、赤ちゃんの世話は大変ですし、保育園も今はいっぱいで待機児童になること間違いなし。

共働きなんてもってのほか。育児休暇後に復帰出来る…なんて甘い考えは捨てましょう。
実家に頼れない場合、やはり育児休暇を終えても職場に戻れるケースは少ないようです。子供が手を離れるのは10年~13年後、小学校高学年から中学生くらいになってから。それまでは、やれ熱が出た学校で喧嘩した、なにかと呼び出されて仕事どころではありません。

これで二人以上、子供を作るとなったら…共働きは絶望的ですね。

そのため、やはり旦那さんの年収が重要になってくるわけです。

ところが、年収400万代ですと、子供が思春期に入った時に、ご飯代や部活の費用、塾代など子供にいろいろお金がかかってきて、とにかくお金が足りません。
マイホームを買ったならローンが、車のローンもおまけについてきて、毎月カツカツの生活で頑張る…という状況になります。

そこに旦那がパチンコや趣味で散財したり、病気になってしまったり、万が一「仕事やめちゃった」などと言ってきたら…想像しただけで恐ろしいですね。

有事の際に便りになるのは貯金です。
貯金をしっかりためておけば、例え無駄遣いしても失業してもなんとかなります。キャッシュ・イズ・キングとは、よく言ったものです。

しかし、年収400万円代だと、貯金も思うように貯まりません。
さらに子供の大学の学費となったら、もはやお手上げ、パンクです。奨学金を子供に借りさせるしか手が無くなります。

余裕を持って貯金や学費の積み立てが出来るのは、やはり旦那の年収が500万以上になってから。
出世して年収アップすれば良いのですが、今の世の中、なかなか厳しいものがありますから、やはり婚活の時点で「出世株」の男性にアプローチするのが一番良いという結論になります。

年収400万以下はそのままで、年収500万以上はぐんぐん伸びる

実は、今後、年収が伸びるか否かは30代の時点である程度、予想がつくのです。
30代で年収400万以下の場合は、今後、500万、600万と上がっていくことは期待出来ません。というのも、出世する男性は30代の時点で400万以上貰っているからです。

役職や勤めている会社の規模にもよりますが、30代で将来を期待されている男性は、年収400万以上。これがサインの一つです。
例外は公務員で、公務員は30代以降の伸びが強く、また安定性は抜群ですので、婚活では年収が安くても公務員が人気なのです。

さておき、婚活では30代の時点で年収400万以上の男性を狙いましょう。

年収430万ならOK。年収350万は、ちょっと敬遠…といったところです。
男性が20代の場合は、判断が難しいのですが、やはり仕事の出来る男性は20代後半で年収380万円など、平均より高い傾向にありますから、よくチェックしておきましょう。

子供に苦労をかけさせたくないなら、婚活では厳しくなろう

将来、子供にとって最も大きな負債となるのは奨学金です。
奨学金は、利子が安いとはいえ、総額300万近くになることもあり、社会人1年目にして借金300万というスタートはあまりにも残酷です。

現在は新卒の約3割が就職3年以内に辞めており、無職で借金300万…なんてことになったら、その絶望は計り知れません。

人生において、心の余裕というのは大切です。
借金を背負わせることは、子供からその余裕を奪うということ。

子供に将来、荒んだ心を持たせないためにも、年収が高くなるであろう男性を結婚相手に選びましょう。

年収で結婚相手を選ぶと

「お前も働け、怠け者!」
「母親も働く時代だぞ」
「昔は貧乏でもやりくりするのが主婦の仕事だった」

と苦言をされるかもしれませんが、それは現実を知らない人の戯言です。

世帯年収400万で、昔なら昇給が当たり前だったのですが、今は年収400万以下はずっと400万以下。
非正規雇用になる危険性だってあります。

人並みの、幸せな結婚生活を送りたいなら、年収400万以上の男性に絞って婚活をしましょう。

年収の良い男性を探すために、婚活にお金をかけてチャンスを増やすことは、将来の為の投資です。
周りから何と思われようと、希望条件を落とさず、しっかり良いパートナーを探しましょう。

関連リンク:年収に伸び悩んでいる方は年収アップの転職をしよう

ここまで読んで「今の年収じゃ結婚は難しいな…」と感じた男性の方、女性の方は多いでしょう。
性別問わず、年収はなるべく多く確保しておきたいもの。
そこでオススメなのが「年収アップのために転職」という選択肢を知っておくことです。
・転職で年収アップしたいなら同業他社への転職がベスト。年収100万以上アップさせる交渉術とは?

上記の記事にて、年収アップの転職のやり方が書いてあります。
「結婚したいけど年収が不安」という方は、参考にして下さい。

年収が高い男性と出会える婚活サービスは?

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain

婚活において、30代年収500万以上もしくは公務員やインフラ系企業勤めなど経済力のある男性と出会うのは、意外と難しいものです。

昨今のお見合いパーティーや合コンにおいては、なかなか質の悪い男性も多く紛れているもの。

「アプローチしてくるのは地雷男ばかりで、なかなか良い男性と巡り合えない…」

という人は、まず質の高い出会いを増やすことから始めましょう。

オススメなのは、婚活コンシェルジュ付きのネット婚活サービスに登録して質の高い男性との出会いを増やすことです。

スタンダードなお見合いパーティーなどは、やはり質がバラバラで年収を偽ったり良い顔をするダメ男も大勢います。

また、必ずしもカップル成約出来るわけではありませんし、実際に行動する分、婚活疲れが早くに出る傾向があります。特に仕事をしている女性にとって、休日の一日をお見合いパーティーで潰されると、あっという間に疲労がたまってしまいます。

ネット婚活ならば、基本はメールでのやり取りからのスタートですから、最初に疲労する心配がありません。
さらに大手の婚活コンシェルジュ付きのサービスなら、男性はユーザー登録時に身分証必須になるので、年収や身分詐称が出来なくなり、質の高い男性の比率が多くなります。

おすすめのネット婚活サービスは、婚活コンシェルジュのサポート付きなのに月3000円とお手頃な値段のブライダルネットです。

ネット婚活の最大手!ブライダルネット



これまでの結婚相談所といえば、担当のカウンセラーがついてしっかりサポートしてくれる分、入会費3万円前後、月会費5万~と高額で、ハードルが高いのが難点でした。

しかし、婚活大手のブライダルネットの結婚相談所プラチナメンバーは、なんと入会費0円、月会費3000円で利用出来る結婚相談所で最もリーズナブルなサービスです。
ブライダルネットはこれまで高額ながら手厚いサポートをする婚活サービスを展開してきましたが、近年になって婚活のハードルを下げようと、月3000円の費用で利用出来るプラチナメンバーのサービスを開始しました。

「月3000円だと安すぎて不安」
「サービスがイマイチなのでは?」

と不安に思う人も多いでしょうが、ブライダルネットのサービスは月3000円とは思えないほどしっかりしています。

15年間にわたって婚活サービスを展開してきた婚活大手のブライダルネットは、会員数も多く毎月14,000人以上のカップルが成立しています。カウンセリングやお相手紹介、初デートの日程調整、交際サポートなど婚活のプロによるアドバイスも豊富で、オススメの婚活サービスです。

ダメ男を見抜く自信が無い方も、担当コンシェルジュに相談すれば担当者がプロの視点からアドバイスをしてくれます。

申し込みも、わざわざ結婚相談所のカウンターなどに来店する必要はありません。すべてWEBで手続きが行えるので、非常に手軽に始めることが出来ます。

また、登録している会員はしっかり身分証明をして登録しているので、怪しい人や無職男性など質の悪い男性に引っかかる心配もありません。

さらに、ブライダルネットには6ヶ月以内にカップル成立しなければ全額返金保証があります。

多くの方が6ヶ月以内にお付き合いを開始しているからこそ出来る保証で、月会費の安さとあわせて「婚活のハードルを下げよう!」という意気込みが感じられます。

ブライダルネットは今流行のソーシャル型婚活サイトになりますから、ネットを介してのアプローチ、メッセージのやり取りが活動の中心になります。
実際に顔合わせをするのはデートの段階になってからです。

そのため「婚活は、やっぱり対面形式が安心だな」という方にはオススメ出来ません。逆に人見知りの方や、ネットに抵抗が無い人にはオススメの婚活サービスです。

もちろん、月3万円や月5万円かかる大手サービスと比べると、徹底的にサポート…という訳にはいきませんが、婚活にいきなりお金をかけるのは不安、という人にはぴったりの婚活サービスです。

会社と家の往復、いつものルーチンワーク的な日常を送っていても、男性との出会いは増えません。

ぜひ、手始めに婚活コンシェルジュ付きネット婚活「ブライダルネット」を利用して出会いを増やし、チャンスを自分から積極的に掴んでいきましょう!

ブライダルネット 公式ページ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tomo より:

    年収400万円かで選ぶって極論すぎでしょう。
    妻のやりくり次第でどうにでもなると思います。
    実際、30で一戸建てローンを借りて現在は子供2人います。現在36歳で既に返済見込みが立っており、
    「老後の資金をためようかな~」と
    夫と話しているところです。

  2. サクラ万歳 より:

    年収400万で子育て含めた生活が出来ないなら
    多分1000万でも無理。てか結婚してから生活が無理。

  3. 匿名 より:

    このサイトは巧妙な独身万歳サイトなんだよ

  4. 阿吽 より:

    確かに年収400万で無理となると、その女性はほぼ生涯独身になる可能性が大ですね。