婚活において専業主婦希望の女性は地雷だから避けるべき?家庭的な女性か働く気のない怠け者系女子か見極めるコツ

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
 婚活において、専業主婦希望の女性は存外多いものです。
 一方、男性の多くは共働きを希望しており、お互いの希望がなかなか一致しないのが、婚活のしんどいところ。

 ネットや婚活周りの噂では

「専業主婦希望の女は旦那に頼って怠ける気満々」
「働く気が無いのだろう」
「貧乏から脱出したいがために結婚を利用しようと考えてる」
「旦那のことはATMとしか思わないだろう」

 など、悪評がズラズラと並んでいます。

 実際、そういった結婚を「貧困・仕事からの逃げ」あるいは「お金や安定した生活目的」で考えている方も多いです。

 というより、女性にとって結婚は少なからず上記の要素を含んでいます。
 男性よりも女性の方が、結婚に対して現実的、打算的な面があるのは否めません。

 それは、なぜなのでしょうか?
 そして『怠け者の女性』を見極めて避けるためには、どうすればいいのでしょうか?

 今回は、男性と女性の結婚観の違いと、専業主婦希望の女性の分類・見極める方法について紹介します。

女性が男性に経済力を求める理由

 まず第一の疑問を紐解いてみましょう。
 なぜ、女性は男性に経済力を求めるのか? 恋愛においては、そこまでお金を求めていないのに、こと結婚になると年収が大きなウェイトを占めます。

 その理由は簡単。女性は一度、結婚・出産をすると、その後に夫婦関係が上手くいかなくなった時に、男性よりも大きなディスアドバンテージ(不利)を背負うからです。

 男性は離婚しても、仕事を続ける事ができるので生活水準は落ちませんが、女性は別です。
 妊娠・出産時には、育休という手もありますが、やはり退職するのがまだまだ一般的。そのため、仮に出産後に離婚となると、また一から就職活動、それも子供を抱えながらの就活になるので、正社員に復帰するのが難しく、いわゆる「貧困層のシングルマザー」に簡単に落ちてしまうのです。

 ですから、結婚に対して女性は現実的で、男性の経済面も含めて相手を選ぶのです。

 なんだか夢のない話ですが、誤解はしないで下さい。
 あくまで女性は経済面も含めて男性を評価しているだけであって、もちろん性格や価値観の合う合わない、一緒にいて楽しいか否かといった恋愛的要素も多く持ち合わせています。

 裏を返せば、男性はまだまだ結婚に対して甘く見積もっている人が多いということです。

専業主婦希望は悪なのか?

 さて、本題に入ります。
 専業主婦希望の女性は、婚活においては地雷なのでしょうか?

 答えはノーです。

 専業主婦希望の女性には

「子供が手を離れるまではつきっきりでお世話をしたい」
「中途半端に仕事をするよりも、子供が小学校高学年になるまでは専業主婦として子育てに専念したい」
「料理や家事が得意だから、夫を支えたい」

 という、自分の特性や今後のライフプランをしっかり見極めて、専業主婦を希望する女性もたくさんいます。

 また、自分の親がそうだったから、という方もいますし、一概に専業主婦希望=怠け者という図式ではないようです。

 しかしながら、もちろん

「仕事辞めたいから」
「楽したいから」
「結婚して旦那に食わせてもらいたい」

 という怠け者もいます。
 彼女たちは、将来のライフプランも曖昧で、見積もりも甘いです。子育ての大変さや、結婚後に必要になる収入などの想定が非常に浅く、結婚後にぶーぶー文句を言うダメ嫁になる可能性が大です。

 楽な方に流されやすい人間は、もちろんメンドクサイ将来設計などしないもの。

 つまり、怠け者とそうでない女性を見極めるには、将来のライフプランについてさり気なく質問してみればいいのです。

 例えば

「子供は何人欲しい?」
「もし子供が大きくなったら、学校は私立に行かせたい?」
「家族旅行は、年何回行きたい? 国内? 海外?」
「将来、家を買うことになったら、どんな家がいい?」

 と、こんな感じの質問です。

 もちろん、初対面でぶしつけにこれらの質問をストレートに投げるのは失礼ですから、婚活の場の流れにそって自然に聞いてみましょう。
 婚活は結婚に対して真剣な人だけが集まるのですから、当然、これらの答えはそれぞれ持っているはずです。

 しかし、的はずれな答えが返ってきたら要注意。
 例えば、あなたの年収が400万なのに「子供はどっちも私立がいいな~」とか「海外旅行にいっぱい行きたい」なんて甘っちょろい事を言うようであれば、それは地雷女性です。

 年収はプロフィールにかかれているのですから、そこから今後の生活水準は簡単に想像が出来るはず。それすら出来ないようであれば、結婚後に文句を言って夫婦げんかに発展するのが目に見えています。

 楽をしたい人間は、物事を深く掘り下げて考えることが苦手です。なぜなら、メンドクサイからです。

 この性質さえ知っておけば、簡単に見極める事が出来ますよ。

 専業主婦希望の女性の中には、驚くほど家事が得意な人もいます。
 良いお母さんになれるであろう女性もたくさんいます。

 ですから、専業主婦希望=怠け者と先入観を持つのではなく、しっかり本人の考え、価値観を評価してあげましょう。

 なお、自分自身の年収が低いからといって、専業主婦希望の女性を諦めるのは間違いです。
 年収が低くても「私はやりくり上手だから年収は気にしないよ」という女性もいます。そういった女性は、結婚後も頼りになる妻としてしっかり男性をサポートするので、ぜひアプローチしてみましょう。

婚活コンシェルジュ付きのブライダルネットを利用して性格の良い女性との出会いを増やそう

 婚活において、専業主婦希望でも『しっかり男性をサポートしてくれる良妻基質な女性』と出会うのは、意外と難しいものです。

 昨今のお見合いパーティーや合コンにおいては、なかなか質の悪い女性も多く紛れているもの。

「婚活パーティーに行ってもお金目的の女性ばかりで、なかなか良い女性と巡り合えない…」

 という人は、まず質の高い出会いを増やすことから始めましょう。

 オススメなのは、婚活コンシェルジュ付きのネット婚活サービスに登録して質の高い女性との出会いを増やすことです。

 スタンダードなお見合いパーティーなどは、やはり質がバラバラでお金目的だったり、身分不相応な希望を出す女性も大勢います。

 また、必ずしもカップル成約出来るわけではありませんし、実際に行動する分、婚活疲れが早くに出る傾向があります。特にフルタイムで仕事をしている男性にとって、休日の一日をお見合いパーティーで潰されると、あっという間に疲労がたまってしまいます。

 ネット婚活ならば、基本はメールでのやり取りからのスタートですから、最初に疲労する心配がありません。
 さらに大手の婚活コンシェルジュ付きのサービスなら、毎月、担当のコンシェルジュが厳選した女性ユーザーを紹介してくれるので外れを引く可能性が低くなり、婚活パーティーなどのサービスよりも質の高い女性との出会いを増やすことが出来ます。

 おすすめのネット婚活サービスは、婚活コンシェルジュのサポート付きなのに月3000円とお手頃な値段のブライダルネットです。

ネット婚活の最大手!ブライダルネット



 ブライダルネットは、婚活最大手の株式会社IBJが運営するソーシャル型のネット婚活サービスです。
 これまでの結婚相談所といえば、担当のカウンセラーがついてしっかりサポートしてくれる分、入会費3万円前後、月会費5万~と高額で、ハードルが高いのが難点でした。

 しかし、婚活大手のブライダルネットの結婚相談所プラチナメンバーは、なんと入会費0円、月会費3000円で利用出来る結婚相談所で最もリーズナブルなサービスです。

 ブライダルネットはこれまで高額ながら手厚いサポートをする婚活サービスを展開してきましたが、近年になって婚活のハードルを下げようと、月3000円の費用で利用出来るプラチナメンバーのサービスを開始しました。

「月3000円だと安すぎて不安」
「サービスがイマイチなのでは?」

 と不安に思う人も多いでしょうが、ブライダルネットのサービスは月3000円とは思えないほどしっかりしています。

 15年間にわたって婚活サービスを展開してきた婚活大手のブライダルネットは、会員数も多く毎月多くのカップルが成立しています。カウンセリングやお相手紹介、初デートの日程調整、交際サポートなど婚活のプロによるアドバイスも豊富で、オススメの婚活サービスです。

 コンシェルジュのアドバイスで、自分では気付けなかった女性に嫌われる仕草や性格、トークなど改善点が見つかることも多いです。
 また、毎月コンシェルジュがあなたにあった女性を紹介してくれるので、忙しい人でも相性バッチリの女性と出会う事が出来ます。

 申し込みも、わざわざ結婚相談所のカウンターなどに来店する必要はありません。すべてWEBで手続きが行えるので、非常に手軽に始めることが出来ます。
 また、登録している会員はしっかり身分証明をして登録しているので、好みでない女性や質の悪い女性に引っかかる心配もありません。
 さらに、6ヶ月以内にカップル成立しなければ全額返金保証があります。

 多くの方が6ヶ月以内にお付き合いを開始しているからこそ出来る保証で、月会費の安さとあわせて「婚活のハードルを下げよう!」という意気込みが感じられます。

 ブライダルネットでは平均して1ヶ月に13,984組のカップルが誕生しています。
(※2015年平均)

 ブライダルネットは今流行のソーシャル型婚活サイトになりますから、ネットを介してのアプローチ、メッセージのやり取りが活動の中心になります。
 実際に顔合わせをするのはデートの段階になってからです。

 そのため「婚活は、やっぱり対面形式が安心だな」という方にはオススメ出来ません。逆に人見知りの方や、ネットに抵抗が無い人にはオススメの婚活サービスです。

 もちろん、月3万円や月5万円かかる大手サービスと比べると、徹底的にサポート…という訳にはいきませんが、婚活にいきなりお金をかけるのは不安、土日にマイペースに婚活したい、という人にはぴったりの婚活サービスです。

 ぜひ、コンシェルジュのアドバイスを利用して弱点を改善し、結婚のチャンスを積極的に掴んでいきましょう!

ブライダルネット 公式ページ

予算別おすすめ婚活サービスはこちら

 これから婚活を始める方のために、数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。

 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする