27歳女性が婚活を始める際に知っておくべき心構え。アラサー婚活の激戦市場を勝ち抜く戦略とは

f:id:moguhausu2:20150713084212j:plain

 27歳という年齢は「そろそろ結婚相手を見つけないと…」と結婚に対して焦りを感じ始める年齢と言えます。
 27歳は周りの友人がどんどん結婚していく中、アラフォーの先輩女性が婚活で苦戦しているのを見て、20代のうちに婚活を始めておかないとヤバイかも? とひしひしと危機感を覚える年齢です。

 30代でも十分モテる男性陣はともかく、年齢という時間制限付きのハンデが伸し掛かる女性にとって、27歳前後は非常に重要な時期と言えます。

 婚活市場のアンケートにおいても、やはり男性に一番人気なのは20代女性。30代女性になると、途端に男性側が有利になる『買い手市場』になるのが世の常。どんなに大人な女性の魅力を雑誌やテレビがアピールしても、男性の本音は『若い子がいい』の1択。

 年齢で区切られる境目は35歳と言われていますが、実際はもっと早い段階で切られています。
 現在の『女性あまり』と言われる婚活市場ならば、29歳でもライバルの多い激戦区になるほど。だからこそ、27歳という年齢で婚活に参加するのなら、戦略を立てて効率的にパートナーを見つけなければいけません。

 今回は27歳女性が婚活を始める際に知っておくべき心構えと、勝利するための戦略を紹介します。

時間がないからこそ戦略が大事。闇雲な立ち回りは避けよう

 前述した通り、婚活において年齢というのは大きなポイントになってきます。
 婚活というフィールドは残酷です。男性は外面は良くても結局は年齢で区切ってきますし、若い女性に人気が集中するもの。
 27歳~35歳の女性は婚活において最も多いボリュームゾーンになるため、ライバルとしっかり差別化して立ち回らなければ、その他大勢に埋もれて、せっかく良い男性と知り合っても上手くボールを繋ぐことが出来ません。

 そして年をとる事だけはいくらお金を積んでも回避出来ません。ですから、27歳女性の婚活は時間との戦いになります。

 婚活を長期化させないためにも、情報を集めず闇雲に立ち回ったり、高すぎる理想を持ったりするのは辞めましょう。

 婚活は就活と同じです。人間相手のやりとりですから、自分の理想通りには、どうしてもいかないもの。まずは自分の強みや弱みを把握する『自己分析』をして、どうアピールして攻めれば男性を落とせるのか、準備しておきましょう。

婚活で重要なのは腹にくくった一本の武器とライバルとの差別化

 婚活において、男性に選ばれる女性には共通点があります。
 それは『強力な武器を一本持っている』すなわち『ライバルにはない特徴を持っている』事です。

 就活に置き換えてみれば分かると思いますが、例えば平凡な就活生の中に一人だけ『バックパッカーとして1年で10カ国旅をした』という学生がいたら、物凄く目立ちますよね。
 これと同じで、ライバルにはない強み、特徴というのは、注目を集めます。

 笑顔が可愛い、家庭的で料理が得意…なんて、よくあるアピールポイントは、注目が集まってこそ威力を発揮するもの。
 一つ大きな武器、印象に残るような特徴があれば、一気に男性を惹きつける事が出来ます。

 残念ながら、平凡なアピールポイントをいくつも重ねた優等生タイプの攻め方は、どうあがいても20代前半の女性に勝てません。
 ですから、何か一本、これだけは他者に負けない! というアピールポイントを用意しておきましょう。

 難しく考える必要はありません。

 例えば、マラソンが得意で体力には自信がある! とか、ボルダリングをやっている、とか、趣味の欄にお酒と書く。バー巡りが好き。自動車が好き…

 上記のような、他の女性がやっていない趣味や特技を書いておくと、申し込みが3割前後は確実に増えます。

 ただし、印象的なら何でも良いという訳ではありません。
 例えば超マニアックなアニメ・ゲームが趣味と書いても、引っかかる男性は逆に少なくなります。

 あくまで大勢の男性に好かれるような趣味、男性が思わず食いついてくる趣味を書きましょう。

「そんな趣味、持ってないよ」という人は、今から作ればいいのです。
 出来るだけ男性が好む趣味を調べておきましょう。

 例えば車。苦手な人も多いと思いますが、そこまで詳しくなくて良いのです。デザインが好き、将来乗りたい、と言った軽いもので良く、自動車好きの男性にウンチクを語らせるきっかけにしてあげればいいのです。

 婚活で、何をしゃべっていいのか迷う男性は多いです。
 ですから趣味の欄に男性が語れそうなものを書いておくと、男性もアプローチしやすいため、申し込みがグッと増えるのです。

 話しやすい趣味・話題を書いておくというテクニックは、意外と婚活女子が出来ていないもの。
 プロフィールの段階で間口を広げておけば、注目度が上がる事は間違いありませんよ。

パートナーに求める物に優先順位をつけておこう

 あなたが結婚相手に求めるものは何ですか?

「いい人がいれば…」

 なんて曖昧な条件では、いつまでたってもパートナーとは出会えません。
 婚活をはじめるにあたって、まずやっておくべきことはパートナーに求めるものに優先順位をつけることです。

 性格が良ければいいのか、年収の最低ラインはどこか、相手の年齢はプラマイいくつまで許容範囲なのか…

 すべての条件を満たす王子様は、なかなか見つかりません。
 また婚活で利用するサービス…例えばお見合いパーティーと結婚相談所では集まる男性の属性も異なります。

 優先順位を明確にしておけば、いざ「なかなか良い男性がいない」という時に、婚活サービスを変えてみる、自分の婚活における立ち回りを変えてみる、といった手が臨機応変に打てるのです。

 そして条件を多く満たす良い人が見つかった時に、素早く決断が下せますから、タッチの差でライバルに取られる…といった心配がなくなります。

 自分が求めている条件がわからないと、袋小路にハマってしまう事も多いので、しっかり婚活における自分のスタンスを持っておきましょう。

自分にあった婚活サービスを使おう

 婚活サービスは大雑把に分けて2つのタイプがあります。
 お見合いパーティーとエージェント付きの結婚相談所タイプです。

 お見合いパーティーは、料金が安く気軽に参加出来るぶん、世話をしてくれる人がいないので、自分で上手に立ちまわる必要があります。

 エージェント付きの結婚相談所は、プロのエージェントがついているので、婚活のノウハウを教えてくれますしフォローもしっかりしているため、心理的負担が小さく初心者でも落ち着いて婚活が出来ます。また相手の男性も、収入証明や身元保証を相談所がとってくれるので、その点も不安がありません。

 しかし、マンツーマンで世話をしてくれる分、料金が高く、なかなか長期的に利用が出来ない点がマイナスです。

 どちらが自分にあってるか、最初は分からないと思うので、最初はお見合いパーティーに参加してみて、それでイマイチ感触が掴めなかったら結婚相談所に切り替えれば良いと思います。

 ただ、エージェント付きの結婚相談所はおおむね入会から4ヶ月で成婚する事が多いので、時間がないことを考えると最初から結婚相談所を利用した方が良いかもしれません。

 自分の財政状況と、いつまでに結婚相手を見つけたいのか、という目標にあわせて選択しましょう

予算別おすすめ婚活サービスはこちら

 これから婚活を始める方のために、数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。

 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする