婚活でモテない30代40代の独身男性がモテるようになる為の心構え。20代女性と結婚出来るモテ中年になるためには?

f:id:moguhausu2:20151022150209j:plain
 婚活において、モテる男性とモテない男性の格差はとても大きいです。
 何度、お見合いパーティーに参加してもカップル成立にならない。結婚相談所で相手を紹介してもらっても、一度のデートでお断りされてしまう…。

 そんな婚活弱者の男性は、意外と自分の残念な特徴について気付いていないもの。
 女性の気持ちが分からなければ、どんなに婚活サービスにつぎ込んでも良い結果は出ません。婚活サービスはあくまで出会いの機会を増やすだけで、根本的なところでミスを犯していれば、何人の女性と出会っても振られっぱなしです。

 今回は婚活でモテず悩んでいる30代・40代の男性のための心構えやテクニックを紹介します。

会社でもプライベートでも自己中心的な男になっていませんか?

 男性は年齢やキャリアによって、価値観が徐々に変わる生き物です。
 例えば平社員の時は上司にペコペコしながら働いていたのに、係長、部長と昇進していくにつれて横柄な態度が身についてしまったり、昔は弱者の気持ちが分かる優しい性格だったのに、いざ人を切る側に回ったら冷酷な価値観が染み付いてしまった…なんてことが、意外とあるものです。

 そして男性は会社での態度と、プライベートの態度を分けるのが苦手です。女性は器用なので、メリハリをつけるのは得意ですが、男性はどうしてもお店やパーティー会場などで「会社でのオレ」が出てしまう事があります。

 しかし、婚活においては、会社でどれだけあなたが偉くて実績を上げていても関係ありません。
 結婚は、長い間、同じ屋根の下で暮らすパートナーを探す事が目的です。態度が悪かったり、女性に優しく出来ない男性は若かろうと中年だろうと老人だろうと、女性にはモテません。

 逆に紳士的な態度がとれる男性は、30代・40代でもモテます。20代の女性と歳の差結婚をしている中年男性のほとんどは、紳士的でサービス精神が豊富です。

 私の知り合いの40代の男性も、20代後半の女性と結婚をしましたが、彼は穏やかで物腰の低い紳士でした。

「40代で20代の若い子と結婚なんて夢物語だろう!」

 と叫ぶ人もいますが、実際、年上の男性が好きという女性も多く、残念ながら上記のような叫びはモテない中年男性の遠吠えに過ぎないのです。

 女性はしたたかで、細かい点もしっかりチェックしています。
 例えば、レストランでサラダを取り分けてくれるだけでも

「この人は結婚しても家事を手伝ってくれそう」
「私が料理を作ってる間、座って新聞を読んでるだけのウザい夫にはならなさそう」

 という風に見てくるのです。

 婚活をしている女性は男性の一挙手一投足を全て観察しており、結婚後に幸せな生活が出来そうか? という点を評価しています。
 その評価で失格の烙印が押されるようでは、いつまでたっても結婚は出来ません。

 今からでも遅くありません。婚活で良い女性と付き合いたいなら、紳士的な態度を心がけましょう。

サービス業のホスピタリティ精神を活用しよう

 サービス業の頂点と言われる、ディズニーランドの接客術をご存知ですか?
 ディズニーランドでは、顧客第一主義を掲げており、必ずお客さんがリピーターになるようなホスピタリティ(奉仕精神)あふれるサービスを心がけています。

 婚活もこれと同じで、相手の女性が「もう一度、喋りたいな」と思うよう、サービスを尽くせば良いのです。

 あまり、こちらから女性を甘やかしすぎると調子に乗るのでは…? と思う方もいますが、ちゃんとした女性なら受けたホスピタリティの分だけ、ちゃんと向こうも優しさを返してくれます。

 逆に、貰ってばかりで図に乗るような女性なら、結婚後の生活も苦労すると思うので切った方が良いでしょう。

 女性にサービスをすることは、モテるだけでなく相手の女性が良い子なのか否かを見極める事も出来ますから一石二鳥です。
 サービスといっても、ご飯をおごりまくったり、プレゼントをやたらあげる事ではありません。

 例えば、デートの時は自分が車道側を歩く。
 相手が喋りやすいであろう話題、例えば相手の趣味や日常のことを話題の中心にする。
 相手の話を興味深く聞く。楽しそうに聞いて相手が話しやすい雰囲気を出す。

 レストランで率先して取り分ける。
 デートの後にしっかりフォローのメールを出す。
 相手をしっかり褒めて持ち上げる。

 こうして書くと、何だか「上司をヨイショするゴマすり部下」のような図式になってしまいますが、実はそれが正解なのです。
 世界一モテると言われているイタリアの男性は、チャラいと思われがちですが実はかなり紳士的で、レディーファーストはもちろん女性の仕草を一つも見逃さず、ちょっとでも嫌がっていたらサッと離れる素早さを持っています。

 相手の顔色を伺い、時には強引に男らしく、時には謙虚に紳士らしく立ち振る舞う事が、婚活でモテる男になる条件なのです。

「そんな事言われてもわからん!」

 という男性が多いでしょう。

 特に、お見合いパーティーなどだと、なぜ自分がダメだったのか理由が不鮮明なまま終わるので、次回に向けた改善が出来ず、いまいちスキルになりません。

 そこでオススメなのは、エージェントがマンツーマンでついている結婚相談所タイプの婚活サービスを利用することです。

 最大手のIBJが運営する結婚相談所などが有名で、値段は少々高いですが、婚活のプロであるエージェントがマンツーマンでついてくれるので、失敗した時もエージェントが為になるアドバイス
をしっかりしてくれるので安心です。

 ただ、値段がそこまで高くないエージェント付きネット婚活など、エージェント付きといっても月額費が安いサービスも出てきていますから、自信の婚活予算と相談して、どの婚活サービスを利用するか決めましょう。

 お見合いパーティーだけだと、どうしてもサポート不足で改善をするのが難しいですから、アドバイスをしてくれるエージェントがいるのは心強いですよ。

 下記の記事にて、婚活サービスを予算別に紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする