男性が26歳~27歳から婚活を始めるのは決して早すぎる決断ではない理由。晩婚化の時代だからこそ26歳前後で結婚相手を見つけておこう

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
 男性が婚活を始める年齢は、30歳以上と思われがちですが、近年は男性でも20代から婚活を始める人が増えています。
 ちょうど仕事を始めて3~4年経過した頃、26歳前後で婚活を始める男性もおり、早くに婚活をはじめた人はその後の結婚も上手くいっているという統計があります。

 女性は若いほうが有利なのは明白なので、早めに婚活を始めることが有利になるのは分かりますが、なぜ男性も早期に始めた方が上手くいくのでしょうか?

 今回は26歳~27歳の男性が早めの婚活をするメリットを紹介します。

仕事が最も忙しくなる30代に入る前に婚活を始めよう

 独身男性の多くは「結婚は30歳を超えてからでいいでしょ」と高を括っていますが、30歳の時点で独身、なおかつ彼女がいない男性は、その後も結婚をする機会を逃すケースが多いです。

 というのも、30歳前後になってしまうと、一般的に管理職、または役職が会社でつくので、途端に仕事が忙しくなり恋愛どころでは無くなるからです。
 既に恋人がいるなら、そのまま結婚…という形になることが多いですが、独身のまま最も脂の乗った30代に突入すると、仕事に忙殺されて婚活を始めるタイミングを逃してしまいます。

 恋愛には、どうしても時間と手間がかかります。女性とデートをしたり、連絡を取り合って距離を縮めるには、どうしても仕事をある程度、犠牲にしなければいけません。しかし、30代前半の働きは今後の出世にも関わりますし、会社員、自営業ともに最も仕事が楽しくなってくる時期です。

 30代前半にバリバリ仕事をして、ようやく仕事を部下に任せられるようになる35歳、36歳になって、婚活を始める男性がとても多いのですが、やはり35歳、36歳となると、同じような流れで婚活に参戦する同世代のライバルの男性が多く、競争率は激化する傾向にあります。

 ですから、仕事にも慣れて、忙しくなる1年~2年前の26歳、27歳で婚活をスタートするのが、男性にとって一番良い戦略と言えるでしょう。

20代の男性は珍しいからこそ婚活でモテる

 婚活というフィールドで、最も多い年齢層は、女性はアラサー(30歳前後)男性はアラフォー(30代後半)です。
 20代男性が婚活に参加するのは、意外と少なく、特に26歳、27歳という若手社員の段階で婚活に本腰を入れている人は多くはありません。

 そのため、20代男性の括りでは、相対的にライバルが少なくなります。

 同じ年齢層のライバルがいると、どうしても年収やキャリア、人柄など様々な観点で比較されますから、よほどのスペックがない限り無双は出来ません。
 しかし、26歳、27歳男性というゾーンは、ライバルが少ない分、比較対象が少ないので立ち回り次第で有利に女性を口説く事ができます。

 また、現時点で年収が低くても、若ければ「伸びしろがある」「ポテンシャルがある」という可能性を秘めているので、年収で切られる心配もありません。

 30代を超えると、露骨に年収でライバルと差が出てきますから、年収が原因で切られる事も多いです。せちがない話ですが…。
 その分、20代はポテンシャルという可能性を持っているので、ちょっと意地悪な言い方をすれば「将来性という言葉でスペックを誤魔化せる」わけです。

 女性の中には、年下が好みという人もいますし、年下から猛烈にアタックされてそのままゴールインというケースも多いです。

 仕事が忙しく時間がない30代男性に比べて、26歳、27歳の男性はプライベートに割ける時間が多いですから、アプローチのマメさでも優位に立てます。

 早い段階で婚活に参戦すると、メリットはたくさんあるのです。

年上の女房は金の草鞋を履いてでも探そう

 上記のことわざにある通り、2歳上、3歳上の女性と結婚すると、非常にバランスが良く結婚してもうまくいく確率が高い…というのは昔から言われていることです。

「そんなの、ただのことわざでしょ」

 と、昔から言われている格言を馬鹿にしてはいけません。
 実際、妻が年上の夫婦はパワーバランスが優れており、男性の方が若いほどいざという時に女性が引っ張ってくれるので、仕事も上手くいくと言われています。

 婚活に参加している女性の多くは、27歳以上であることが多いですから、男性が26歳前後で婚活を始めれば必然的に姉さん女房をゲットすることが出来ます。

社会人になると自然な出会いは少なくなります

「でも、婚活なんて行かなくても自然な出会いがあるかもしれないし…」

 と期待する人は、甘いです。
 時間が余っており、異性と交流する場も多い学生ならともかく、社会人になると、異性と出会う機会はグッと少なくなります。

 さらに、社内恋愛などはリスクも大きく、ナンパでもしない限り社会人男性が女性と出会える場は非常に限られていると言えます。

 近年は子無しを考える女性も多く、せっかく女性といい感じになっても、実は子無し希望だった…結婚願望が無く価値観のすれ違いがあった…ということになったら、目も当てられません。

 もちろん、自然な出会いを誰もが求めています。しかし、真剣に結婚をして家庭を築きたいのならば、婚活も一つの選択肢として使いこなさなければ、あっという間に高齢になってしまいます。

 婚活は、最初から結婚を真剣に考えている女性が集まっています。
 今は安い予算でも参加出来るお見合いパーティーや婚活サービスがありますから、ぜひ気軽に利用してみましょう。

初心者にオススメの婚活サービスは婚活コンシェルジュ付きのブライダルネット!

 おすすめの婚活サービスは、婚活コンシェルジュのサポート付きなのに月3000円とお手頃な値段のブライダルネットです。

ネット婚活の最大手!ブライダルネット



 ブライダルネットは、婚活最大手の株式会社IBJが運営するソーシャル型のネット婚活サービスです。
 これまでの結婚相談所といえば、担当のカウンセラーがついてしっかりサポートしてくれる分、入会費3万円前後、月会費5万~と高額で、ハードルが高いのが難点でした。

 しかし、婚活大手のブライダルネットの結婚相談所プラチナメンバーは、なんと入会費0円、月会費3000円で利用出来る結婚相談所で最もリーズナブルなサービスです。

 ブライダルネットはこれまで高額ながら手厚いサポートをする婚活サービスを展開してきましたが、近年になって婚活のハードルを下げようと、月3000円の費用で利用出来るプラチナメンバーのサービスを開始しました。

「月3000円だと安すぎて不安」
「サービスがイマイチなのでは?」

 と不安に思う人も多いでしょうが、ブライダルネットのサービスは月3000円とは思えないほどしっかりしています。

 15年間にわたって婚活サービスを展開してきた婚活大手のブライダルネットは、会員数も多く毎月多くのカップルが成立しています。カウンセリングやお相手紹介、初デートの日程調整、交際サポートなど婚活のプロによるアドバイスも豊富で、オススメの婚活サービスです。

 コンシェルジュのアドバイスで、自分では気付けなかった女性に嫌われる仕草や性格、トークなど改善点が見つかることも多いです。
 また、毎月コンシェルジュがあなたにあった女性を紹介してくれるので、忙しい人でも相性バッチリの女性と出会う事が出来ます。

 申し込みも、わざわざ結婚相談所のカウンターなどに来店する必要はありません。すべてWEBで手続きが行えるので、非常に手軽に始めることが出来ます。
 また、登録している会員はしっかり身分証明をして登録しているので、好みでない女性や質の悪い女性に引っかかる心配もありません。
 さらに、6ヶ月以内にカップル成立しなければ全額返金保証があります。

 多くの方が6ヶ月以内にお付き合いを開始しているからこそ出来る保証で、月会費の安さとあわせて「婚活のハードルを下げよう!」という意気込みが感じられます。

 ブライダルネットでは平均して1ヶ月に13,984組のカップルが誕生しています。
(※2015年平均)

 ブライダルネットは今流行のソーシャル型婚活サイトになりますから、ネットを介してのアプローチ、メッセージのやり取りが活動の中心になります。
 実際に顔合わせをするのはデートの段階になってからです。

 そのため「婚活は、やっぱり対面形式が安心だな」という方にはオススメ出来ません。逆に人見知りの方や、ネットに抵抗が無い人にはオススメの婚活サービスです。

 もちろん、月3万円や月5万円かかる大手サービスと比べると、徹底的にサポート…という訳にはいきませんが、婚活にいきなりお金をかけるのは不安、土日にマイペースに婚活したい、という人にはぴったりの婚活サービスです。

 ぜひ、コンシェルジュのアドバイスを利用して弱点を改善し、結婚のチャンスを積極的に掴んでいきましょう!

ブライダルネット 公式ページ

予算別おすすめ婚活サービスはこちら

 これから婚活を始める方のために、数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。

 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

年収アップやキャリアアップを目指すならこちら

 年収を上げて、より良い条件で婚活に挑みたい方はこちらを参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする