フリーターの女性が婚活でモテるには倹約家アピールが一番男性ウケが良い理由

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain
婚活において、最近は女性も正社員か否かで線引されるようになってきました。
条件の良い男性の多くが「共働き希望」である現在、フリーターの女性は厳しい条件での戦いを強いられることは間違いないでしょう。

正社員の女性であれば、出産後もキャリアを活かして復職出来ますし、それまでの貯金も多く、余裕を持って婚活を行えます。
また、正社員としてキャリアを積んでいるので、正社員の男性と同じ目線…経済的価値観を持っていると見なされ、結婚相手としても格上と見なされるのが現在の主流です。

一方、フリーターや派遣社員、無職の女性は「結婚して寄生する気では?」「怠け者なのでは?」という先入観を持たれることも少なくありません。

実際、婚活の場では正社員の女性より非正規社員の女性の方が質が低い、という声も聞きますし、婚活をそこそこ経験している男性から見ると、非正規社員の女性は魅力減になるのも無理はありません。

「そんなこと言っても、正社員になれないよ」
「結婚して出産したら退職しなきゃいけないし…」

という声もあると思います。

そこで、フリーターの女性が婚活で正社員の女性との差を埋める一番のアピール方法は、倹約家であることをアピールすることです。

なぜ、倹約家アピールが婚活で効果的なのでしょうか?

その理由を見ていきましょう。

正社員女性との差別化を図るポイントは家計のサポート力

正社員の女性は自炊をせず外食中心の生活をしていることが多いです。
お金に余裕があるので、倹約せず節約という点においては弱く、差別化を図るならここがポイントになります。

フリーターでも

「お弁当を作って食費を節約している」
「家計簿をつけて支出の管理をしっかりしている」

といった節約が出来る女性アピールをすれば、男性陣は「この子と結婚したら共働きじゃなくても節約面で助けてくれそうだな」と思います。

そんな金銭的なアピール、せこくない? と思ったあなた、甘いです。
女性が男性の年収を気にするように、男性も女性の金銭感覚をしっかりチェックしています。金遣いの荒い女性は、例え正社員でも嫌われます。

『家計をしっかりサポートする女性』は、男性にとって頼りになる存在。
結婚後のメリットを、女性側もしっかりアピールすることで、フリーターや派遣社員という弱点をカバーすれば、婚活で勝てる確率はグッと上がりますよ。

男性を甘く見てはいけません。
結婚は男性にとっても一生の問題ですから、可愛いだけ、若いだけでは食いつかず、芯のしっかりした女性を求めています。

結婚後に生活をサポートしてくれるか?
一緒に泥臭い生活を乗り越えてくれるか? といった、サポート力が男性にも女性にも求められているのです。

婚活のために今から節約生活をスタートしておこう!

婚活に参加する前に、節約生活を身につけておくことは大切です。
外食が多い人は自炊中心にする。家計簿をつけて無駄遣いを減らす。

他にも、光熱費を減らす工夫をしたり、クレジットカードやポイントカードを使って節約する。スーパーの特売日をチェックしておく等、結婚後の切り詰めた生活をイメージして動きましょう。

そういった節約術を身につけておくと、結婚したくない男性No1である「借金グセのある男性」「お金にズボラな男性」「ギャンブル好きの男性」を見極める力も身につきます。

例えば、年収が高くないのにブランド物の腕時計をしていたり、身分相応でないデートコースを提示してきたりする場合、ピンとひらめくはずです。
金銭感覚の崩れている人と結婚すると、必ずどこかで苦しい目にあうもの。

生活水準はあげるのは簡単でも落とすのは難しいです。

ですから、ぜひ節約術を身につけて、婚活で地雷をさけつつ良い男性には倹約家アピールをして、上手に立ちまわることが大切ですよ。

予算別おすすめ婚活サービスはこちら

 これから婚活を始める方のために、数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。

 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする