結婚したい独身男性が知っておくべき婚活のコツと心構え。勝ち組と負け組が二極化する婚活で幸せな結婚をするための戦略

f:id:moguhausu2:20150507210352j:plain
 結婚したい、と思っている独身男性の方に多いのが「とりえず婚活に参加しよう!」という、とりあえず婚活スタートです。

 婚活は、結婚したいと思っている男女が集まり、交流を図るサービスですが、残念ながら恋愛において二極化が進む現代日本。婚活においても勝ち組と負け組がハッキリ分かれる厳しい市場になっています。

「とりあえず婚活」

 で結婚できる男性は、よほど恵まれた社会的ステータスを持っている方か、イケメンだけど出会いがなかっただけの一部の勝ち組だけなのです。

 多くの平々凡々な男性は、婚活コンシェルジュや企業に任せっきりにしているだけでは結婚相手なんて、とても見つかりません。
 だらだら塾に通っているだけの受験生が大学に受からないのと同じで、婚活では自身もしっかり努力をする必要があります。

 この「婚活は努力をしないと結婚相手が見つからない」という基本原則をわかっておらず、ただ闇雲に婚活パーティーに参加したり、婚活コンシェルジュに高望みな相手ばかり要望する独身男性の、あまりにも多い事に驚きです。

 ですから、ぜひ、この記事を見ている皆さんには婚活の基本的なコツと心構えを勉強して、本腰を入れて婚活に挑んで欲しいと思います。

 今回は元婚活サービスで働いていた私が、婚活で成功するためのコツや心構えを紹介します

結婚は女性にとって一生を左右するイベントだということを知っておこう

 男性の考える「結婚」と女性の考える「結婚」は大きく違います。

 女性は結婚相手によって、その後の人生が変わります。
 例えば、結婚相手の姑が最悪だったら、まず幸せになるのは難しいです。ドラマなどでも、姑VS嫁なんて構図はよく見ますよね。

 わかりやすいところではお金です。年収の高い男性と結婚すれば、子育ても生活も余裕を持って行えますし、幸せなお嫁さんの第一条件が揃います。
 しかし、夫がモラハラをしてきたり、浮気ばかりする男性では、お金があっても幸せとはいきません。

「だったら、離婚すればいいのでは?」

 と思っても、そう簡単にはいかないのです。

 女性の場合、多くの人が結婚もしくは出産と同時に会社を辞めるので、そこでキャリアが途切れてしまいます。
 どんなに優秀なキャリアウーマンでも、結婚・出産でキャリアにブランクができてしまえば再就職は難しくなります。そのため、男性のように「離婚したけど仕事もあるし生活は問題無い」という訳にはいかないのです。

 子供がいれば、さらに大変です。実家に子供を預けられなければ、パート勤務もままならず、公的な補助も薄いのでシングルマザーの貧困率は非常に高くなっています。

 さらに、再婚しようにも女性にとって「バツイチ」という肩書きはよろしいものではありません。
 男性にとっても同様ですが、やはり女性のほうが「キズもの」として男性に敬遠されるようです。

 上記のような理由から、女性は結婚というイベントに対して男性以上に慎重、かつ本気で挑んでいるのです。

「この人と結婚して幸せになれるのかな?」
「一緒に頑張っていけるかな?」
「いざという時、支え合える夫婦になれるかな?」

 婚活に参加する女性は、どんなに大人しい人でも、上記のように本気で男性を試しているのです。

 そこに「そろそろ結婚したいな〜」などとノンキに参加しても、あっという間に女性から見限られておしまいです。

 女性が本気で挑んでくる以上、こちらも本気で自分の良い点をアピールして、女性を紳士的に扱うことが重要です。

「いい女がいたらお付き合いしたい」

 なんて殿様のような、自分本位の気持ちで婚活に参加する男性がいますが、そんな姿勢では一生結婚なんて出来ません。

 婚活は本気で挑むもの。
 やるからには、就職活動と同様、真剣に挑みましょう。
 それが男のマナーというものです。

年齢は意外と関係ない!年の差を恐れずにいこう

 年の差結婚なんて話が世間では流行っていますが、実際に婚活では年の差結婚は多いです。
 中には40際の男性と26歳の女性…といった10歳差のカップル、夫婦も誕生しています。ただ、年上男性と年下女性というケースがほとんどで、逆のパターンはあまり見ませんね。

「そんなに歳が離れていたら話が合わないのでは?」
「そんなのは夢物語だ」

 と思うでしょうが、女性にとって年上の男性は社会的にも人生経験的にも、頼り甲斐のあるように映るもの。
 無理に「相手は同世代のみ」と決め付けず、歳の差があっても女性の本質をしっかり見て、交流を深めましょう。

 草食男子が多い婚活市場では、あまりの歳の差に男性のほうが物怖じしてしまうケースが多々見られます。
 世間体や親への体裁を考えてしまうからでしょうか。
 しかし、愛があれば世間体や歳の差なんて乗り越えられます。そんなことを気にするようでは、結婚してもうまくいきません。

 良い人がいたら、えいやっ!と大胆に行動する。

 婚活を始める前に、この心構えをしっかり作っておくことが重要です。
 いざ「いいな」と思った人が、10歳年下の女性かもしれないのですから、そういった例外も大きな心で受け止める余裕を持っておきましょう。

年収や社会的地位で自分を縛らないこと

 婚活で、どうしても気になるのが自身の年収です。
 20代30代の男性で、一番ボリュームゾーンとなっている年収300万代の方が、一番不安を覚えているという統計がありました。

 確かに、年収300万だと結婚はさておき、子育てにおいてはカツカツになりがち。
 子供は学費から生活費、おもちゃに習い事など、なにかとお金がかかるもの。年収300万だと、マイホームも買えるかどうか不安。婚活でも年収300万は不人気だって聞くし、とにかく自信がない…そんな声を、よく独身男性から聞きました。

 しかし、年収を嘆いても何も始まりません。

 実は婚活では、年収を気にする女性と気にしない女性の割合は半々くらいなのです。

 意外と思われるでしょうが、約半数の女性は

「正社員なら年収は気にしない」
「それよりも性格を重視」

 というふうに、お金より相性や性格を見ているのです。

 年収に関しては、むしろ男性のほうが気にしすぎな面もあります。確かに、年収によってあからさまに態度を変える女性は婚活に存在していますが、それが全てではありません。
 ですから、年収で自信を失わず、堂々と構えて気にしないことが大切です。

 男性の魅力を引き出すのは、何よりも自信です。自分に自信のある男性は、女性を積極的にエスコートできる余裕がありますし、頼り甲斐があります。
 しかし、自信のない女々しい男、例えば「年収300万なんだけど、だいじょうぶ?」なんて、いちいち聞いてくる男性は絶対にモテません。

 年収300万だけど何とかしてやる! と力強く引っ張ってくれる男性のほうが、ずっと魅力的です。

 年収は、キャリアアップや転職、副業など、やろうと思えばいくらでも上げられます。
 ですから婚活において自分の年収を気にしてはいけません。年収で切られたら、それはそれで仕方ない、次へ次へと切り替えて行動するメンタリティーが大切です。

相手に興味を持って接することが大事です。

 婚活でモテる男性の基本姿勢は、やはり相手の女性に興味を持って接することです。
 例えば、相手の趣味について質問する。女性の話をしっかり聞く。恋愛や結婚に対する価値観など、踏み込んだ質問をする。

 人間は興味を持たれると、やはり嬉しいものです。
 ついつい自分が率先しておしゃべりしたくなってしまいますが、婚活ではまず「相手の話をしっかり聞く」という聞き手の視点を持つことがモテるコツです。

 婚活でモテない独身男性にありがちなのが、質問して終わり、それ以上突っ込んでこない。自分の話だけする。いきなり無礼な質問をする。沈黙する。

 などなど「それってどうなの?」といった態度をとってしまいがち。
 女性は男性に会話をリードしてほしいと思うもの。ですから、しっかり男性側が会話を動かして、トークを盛り上げていきましょう。
 相手のプロフィールを熟読して、相手が喜びそうな、しゃべりたそうな話題を見つけてあげれば、女性はいろいろと喋ってくれますよ。

最後に繰り返しになりますが努力を心がけましょう。

 ナチュラルにモテる男性も、ナンパの得意なナンパ師も、多かれ少なかれ失敗や挫折を繰り返して今の恋愛スキルを身につけているのです。
 婚活にはじめて参加した男性が、いきなり上手くいくわけがありません。失敗したり傷つくこともあると思います。

 しかし、失敗は糧になりますし、挑戦しなければ結婚相手は見つかりません。
 まずやってみること。数をこなすこと。自分のコミュニケーションスキルを磨くこと。諦めずに理想のパートナーを探すこと。

 スポーツと同じで、婚活も本気で頑張る人が勝利する市場なのです。

「いい人がいればいいな」なんて受け身の姿勢じゃ、ライバルに良い女性を持ってかれておしまいです。

 男性の草食化が叫ばれる昨今、婚活でライバルに勝つのは難しいことではありません。ぜひライバルより一歩も二歩もやる気の面でリードして、幸せな結婚を目指しましょう。
 今は男性も、本気で婚活をする時代ですよ。

婚活サービスのオススメはこちら

 婚活サービスは、婚活パーティー形式からコンシェルジュがつく結婚相談所タイプまでさまざまなものがあります。
 予算と自身の婚活スタイルを考えて、どのサービスを利用するかしっかり比較・検討しておきましょう。

 そこで、当ブログでは数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
 どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする