35歳で婚活を始めて結婚することが出来た専業主婦の婚活体験談&アドバイス。シャンクレールとクラブチャティオのお見合いパーティーを比較した感想も合わせて紹介

f:id:moguhausu2:20151124205031j:plain
私は現在37歳、性別は女性、職業は当時は事務職でしたが、現在は結婚して専業主婦です。

今回は私が婚活をした時の体験談と成功させるコツについて紹介しますね。

35歳から婚活をスタート

私が婚活を始めた時の年齢は、35歳の時です。
きっかけは、職場と自宅の往復の繰り返しで出会いがなく、年齢的にも焦っていたことです。

20代の頃は、結婚を焦ることもなかったのですが、30代を過ぎる頃から少しずつ焦りを感じ始めました。ちょうどその頃、テレビで女性の卵巣の老化等についての特集が放映され、話題になっていたこともあり、女性の私としては、結婚以上に妊娠や出産への焦りの方が強かったように思います。

実は、婚活パーティーは、20代後半にも何度か参加した経験があり、それなりにモテたりカップルにも毎回なれていたので、また出会いがあるといいなと思い、気軽な気持ちで参加してみることにしました。

シャンクレールのカップリングパーティーの特徴と仕組み

まず、最初に私が参加したパーティーは、シャンクレールというカップリングパーティーです。

会場は新宿の大きなビルの一室で、男女共に大人数集まっていました。50~100人近く集まっていたように記憶しています。費用は、女性の場合、無料とか500円程度の低価格だったと思います。

形式はまず自己紹介カードがそれぞれに配られ、記入した後、男性が順番に席をまわり、女性とトークしていく形式でした。私は女性なので座って待っている形でした。だいたい一人2~3分程度でしょうか?

大人数だったせいか、とても短くあっと言う間に次の番になってしまった気がします。全員まわり終わった後でフリートークタイムとなり、男性が気に入った女性の席に行き、話しかけるという感じです。

20~30代中心のパーティーの場合は、婚活というよりカジュアルな出会いを求めている雰囲気でした。
私の場合は、もう少し真剣に考えていたので、30~40代向けのパーティーにも参加してみました。20代の方よりは大人数ではありませんでしたが、落ち着いていて話しやすい印象でした。

やはり、自分の年代に合ったパーティーを選ぶことはとても重要なことだと思いました。
何人かの男性からのアプローチがありましたが、私が35ということもあり、ほとんどは40代前後くらいの男性からでした。

4人の男性からメアドや連絡先などをもらいましたが、その中で一番話が合いそうだなと感じた男性と帰りに食事をすることになりました。場所が新宿だったので、駅の近くのレストランで食事をしてその日は別れました。

それからすぐに彼からメールがあり、次の休日に会うことになりました。とても優しい男性で、こちらが嫌がるようなこともされず、楽しくお付き合いすることができました。会場でも特にしつこい人や嫌な人とかもいなかったし、行ってよかったと思いました。

注意点としては、何人もの人から同時にアプローチカードや連絡先などをもらうこともあるので、トラブルなどにならないよう、自己責任で慎重に相手を選び付き合うことくらいでしょうか?

クラブチャティオのお見合いパーティーにも参加しました

その他に私が参加したことのあるパーティーは、クラブチャティオというパーティーです。こちらは、ツヴァイという大手結婚相談所が主催しているので、安心感があります。費用は、女性は500円くらいです。

シャンクレールなどと違い、とても少人数のパーティーで、最初行ったときはちょっと驚きました。男5人女5人くらいのお見合い形式で、一人ひとり時間をかけてしっかりとお話をすることができました。

男性も女性も、とても真面目な雰囲気の方が多く、真剣に結婚相手を探しに来ているという感じでした。今まで、シャンクレールのような大人数のパーティーにばかり参加していた私にとっては、パーティーというよりお見合いのような雰囲気で、逆にちょっと緊張したのを覚えています。

男性が女性側に回転寿司形式順にじっくりと話をし、全員終わった後、アプローチカードの好印象だった相手に◎を付けます。そして、二回目のトークタイムでは、気になる異性同士でお話をします。その後、カップル発表があり、連絡先を交換し合うという流れでした。

その後は自由なので、もちろん、一緒に食事に行ってもよし、解散してもよし、、という感じです。

私の場合は、意気投合した男性がいたので、連絡先を交換しました。そして、たまたま会場で他にカップルになった男女がおり、その二人も交えながら、四人で食事をすることになりました。初対面でしたが、皆たまたま同じ年齢で話がはずみ、その後はグループ交際などを経て、結婚を前提に付き合うことになりました。

2つのお見合いパーティーの比較・感想について

シャンクレールは、大人数なので、選ぶ対象がたくさんいるところがメリットだと思います。
お見合いパーティに参加してみたものの、あまりに人数が少ないと、好みの異性がいなかった場合、どうしよう、、という感じにはなりますよね。

参加している男女も、見出しなみにも気を使い、決して見た目のレベルも低くありませんでした。若い人も意外と多いので驚きました。ある程度ルックスに自信のある人や、カジュアルな雰囲気を求める若い人などにもおすすめの雰囲気だと思います。

そして、もうひとついいところは、女性の場合、料金の割引などでかなり低価格で参加できることです。

注意点としては、大人数なので、何人もからアプローチがあった場合、トラブルにならないよう自己責任で対処する必要はあると思います。

クラブチャティオのいいところは、少人数形式が多いので、じっくりと一人の人と話ができることです。男性は身元もしっかりしていて、真面目な人が多かったです。

女性は、30代以上で、かなり真剣に婚活している雰囲気の人も多かったです。結婚相談所が主催しているパーティーだからかもしれません。また、女性の場合、やはり低料金で参加できる企画も多かったと思います。注意点としては、少人数なので、好みの異性がいなかった場合、間がもたなくてちょっと辛いということです。一人ひとりのトーク時間も長いので、、。

色んなお見合いパーティーに参加しよう

以上をふまえてアドバイスできることは、お見合いパーティーは、一社に限らず、できるだけ多くの種類を参加した方がいいということです。

主催する会社によっても雰囲気や形式が違ってくるからです。
また、パーティーの種類も選ぶ必要があります。男性の場合は職業や年収、女性の場合は年齢などで分けられている場合が多いので、好みのものを選ぶことです。

女性の場合は年齢が若い方が、また、男性の場合は公務員などの安定職や、収入が高い方が有利という面は否めないかも知れませんが、これに当てはまらない人でも、自分に合ったパーティーは必ずあると思います。

女性の場合は特に、年齢がいくに従い消極的になってしまう人もいるかもしれませんが、はっきり言ってもったいないです。最近は、年上の女性がいいという人もかなりいますし、むしろ私の周りでは、結婚までつながるような出会いがあるのは、30代過ぎの人が多かったです。

私の周りで婚活パーティーがきっかけで結婚した女性が3人もいますが、皆30代です。

私が考える、婚活で上手くいく人の特徴

婚活パーティーでうまくいく人は、年齢や条件などにとらわれすぎず、前向きな人だと思います。
これは、婚活だけでなく、すべてにおいて言えることかも知れません。

まずは行ってみる、それから考えてもいいと思います。いい出会いがあるかもしれません。ダメだったらまたチャレンジすればいいだけです。パーティーは何度でも参加できるのですから。

自分に合わないなと感じるパーティーであれば、主催する会社を変えてみたり、年齢層や条件などの違うパーティーを探してみましょう。または、土日にばかり参加している人は、思い切って、平日に参加してみるのも手かも知れません。

仕事帰りのサラリーマンやOLさんは、土日とは違った顔を持っていますし、仕事の打ち上げ的な感じで飲めば、話がはずむかも知れません。また、仮に結婚までつながらなかったとしても、普段は話こともないような職種の男女と出会えることは、とっても魅力的です。

異性だけでなく、同性とのよいフレンドシップも生まれる可能性があります。現に、そこで出会った女性の何人かは、いまだに連絡を取り合っている仲ですし、結婚式にも出席してもらったりしました。また、仲良くなった人たちと連絡をとり、合コンなどを開いたこともあります。

結婚に限らず、様々な出会いを通し、人間的にも幅が広がるきっかけをくれるお見合いパーティー。ぜひ、まずは気楽な気持ちで参加してみることをおすすめします。

婚活サービスのオススメはこちら

婚活サービスは、婚活パーティー形式からコンシェルジュがつく結婚相談所タイプまでさまざまなものがあります。
予算と自身の婚活スタイルを考えて、どのサービスを利用するかしっかり比較・検討しておきましょう。

そこで、当ブログでは数ある婚活サービス(お見合いパーティー含む)の中から、予算別にオススメをピックアップしました。
どの婚活サービスを利用したらいいか分からない、お見合いパーティーに参加したいけど、どこがオススメ? という疑問をお持ちの方は、ぜひ下記の記事を参考にして下さい。

www.daiettohazimete.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする