金髪ポニテのギャルJKに性奴隷にされる俺。高架下で逆レイプ

官能小説 逆レイプ

「ほんと信じられない。どう責任取ってくれんの?」

ツリ目の少女が、正座している俺を心底軽蔑するように見下してくる。

純白のセーラー服に似つかわしくない金色の髪は、その見た目通り、反骨精神を強く表しているようであった。ポニーテールという髪型もあいまって、強気、という印象を抱く少女だ。

一方で、全身ユニクロ、生気のない目、猫背にボサボサの髪の毛という、見るからに無職ダメ人間なのが俺だ。どう考えても、このような金髪ギャルJKと接点は無いように見えるだろう。

実際、彼女との接点はトラブルで生じたものだった。

俺が自転車に乗りながら、ついスマホでガチャを引いていた所、ハンドルさばきをミスって彼女にぶつかりそうになったのだ。その拍子に、彼女はスマホを落とし、画面にヒビが入ってしまったのだ。

で、弁償しろと言われたものの、無職の俺は全財産3万円。返せないと言ったところ、人気のない高架下に連れてこられ、この通り詰められている現在に至る。

「おいオッサン。どうしてくれんの? 私のスマホ。これもう使えないじゃん」

「いや、その、ほんとすみません」

「すみませんじゃないから。金がないなら、他の事で償えよ」

「そんな事を言われても…どうしたらいいんですか?」

「んー、とりあえず立て」

「は、はい」

俺は言われるがままに、立ち上がる。

「ズボン脱げ」

「え?」

「ズボン脱いでチンコ出せよ。ほら早く!」

金髪ギャルは、いきなり訳のわからない事を言ってきた。俺がぽかんとしていると、勝手にズボンとパンツに手をかけて、一気にずり下げてくる。

ぽろん、と小さなペニスが出た。金髪ギャルはしゃがみこんで、俺のペニスを笑いながら見つめる。

「おー、ちっさ!」

「ちょ、な、何やってんですか!」

俺は慌てて隠そうとするが、それより先に金髪ギャルが俺のペニスに手をかける。柔らかい指がペニスに触れて、思わず俺はビクッと反応してしまう。

「うわ、触っただけで硬くなったんだけど! キモ! あんた童貞?」

「あ、は、はい。童貞です…」

「うわー、キモ! 嘘でしょ! あんた、その年まで女の子とエッチしたことないの!?」

「あの、ご縁がなくて…」

「きっもー! しかもチンコちっさ!」

金髪ギャルは、竿を下から先までゆっくりなぞる。俺は再び反応してしまい、ペニスは完全に反り立ってしまった。JKの前で、勃起するペニスを出している俺。こんな状況で興奮しない方がおかしい。

「うわ、勃起してるよ。あんたさ、毎日オナニーしてるでしょ」

「は、はい。1日5回やってます」

「えー!やりすぎじゃん!ほぼ1日中オナニーしてんの?仕事は?」

「いま無職でして」

「うーわ、一番終わってるやつ!毎日エロ動画みてシコシコしてるんだ」

「は、はい…」

タイトルとURLをコピーしました